イヤホン

NuForce HEM1を買いました。

またイヤホン買ってしまいました…。

IMG_7642
NuForce HEM1です!

やけに発表直後から評価が高かったのと、私の大好きな青色もあるということで気になり、試聴。
そしたらいつの間にか買っていました。

IMG_7643 
しばらく聴いてみます。


それでは。

98%本物!? 偽IE800の実態とは…

※※注意※※
これは本物のIE800の記事ではありません。
本物のレビューを探している人はブラウザバックしてください。






最近、Twitterなどで中華イヤホンが話題ですよね。
かつての中華イヤホンといえばパチモンだらけで悪名高かった憶えがあるのですが、今は質の良いオリジナル製品も多数出ていています。
ところが最近、また偽物が話題になってきている気がしまして、それがなかなか高評価なので私も気になってしまい…。

IMG_7584
買いました。IE800のコピー品です。
セラーによると本物にかなり近いらしく、98%本物と謳っています。
その根拠はどこからきているのかというと、周波数特性らしいです。
確かに販売ページを見ると周波数特性は本物とそっくりです。
しかしこれが本当なのか、そもそも周波数特性では音質は測れないのでアレですが…。

本当に本物そっくりなのか?外見レビュー
外見も本物とそっくりなのか見ていきたいと思います。
尚私は本物を所持していませんので、インターネット上の画像と見比べながら判断をしたいと思います。

こんな構成で届きました。本物のような外箱はありません。

IMG_7627
イヤホン本体、ケーブル×2、イヤーピース5ペア、クリーニングツール、ケース

交換ケーブルがもう1つ付いてきたのは驚きです。
しかしここで早速偽物らしい箇所を発見しました。

IMG_7628
2本あるケーブルのうち1本は本物っぽいのですが、もう1本のケーブルの模様がかなり適当です(左側)。

イヤーピースです。

IMG_7629
5ペアのうち4ペアは本物のように金属の網があるのが分かります(もう1ペアはSONYのイヤーピース風)。
しかし質感は中華製のイヤーピースですね。

それでは本体を見ていきましょう。

IMG_7630
色合い、質感もまさに本物です。
イヤホン同士をぶつけ合ったときの音も金属でもプラスチックでもなさそうなので、おそらく本物と同じセラミック製だと思います。
そしてここにもまた偽物らしさが。

FullSizeRender
IMG_7631
R側は大丈夫なのですが、L側のステムが下に傾いているのが分かると思います。ですのでイヤーピースを装着したときも微妙な見栄えに…。

結構造りは適当だな、という印象でした。

肝心の音はどうなのか
こちらも本物を所有していない上に、試聴もじっくりと聴いたことがなく記憶も無いので単純にこれがどんな音なのかをレビューしたいと思います。

まず聴いていて思ったのは音場の広さ。
頭の真横ではなく僅かに斜め後ろから鳴っている感じは本物の音場に近いと思いました。
解像度もかなり高く、細かい音も1つ1つしっかりと分かります。

ダイナミックらしい量感のある低音も出ます。筐体がかなり小さいのにここまで出るとは驚きです。
中音はやや軽めにかんじました。特に中高音が目立ちます。
高音はハイハット辺りにピークがあります。ハイハットがよく聴こえるのが解像度が高いと錯覚させているのかもしれません…。
スッキリ系なのにウォーム。不思議な感覚です。

ぶっちゃけ言ってしまうと…私が所持しているUE900SやEARTECH MUSIC Dualを上回る音質です。ナンテコッタ\(^o^)/

値段は驚くことに1万円ちょっと。音のレベルが高いのもあって、価格のバランスがおかしいと感じてしまいます。

まとめ
98%本物に近いとのことですが、外見は偽物だとすぐに分かります。それほどチープです。バリもかなり目立ちますし。
しかし音は本物(またはその価格帯のイヤホン)に迫っていると思います。
恐ろしいものを買ってしまった…。


それでは。

UE900Sが直った…かも?

IMG_7055
この前届いたUE900Sですが、しばらく乾燥させても左側の音量が改善されることはありませんでした。いまいち高域が出ないんですよね。
そこでもうどうせ壊れているのだからどうにでもなれーというノリで高域側のボアの奥にあるフィルターに穴を開けるつもりで針を刺してみました。すると穴は開かずにフィルターがさらに奥に入ってしまいました。せっかくなので正常な右側もフィルターを押し込みました。

恐る恐る音を聴いてみると、なんということでしょう、左側の音の小ささが見事に改善されたではありませんか。それだけでなく、低域と高域がかなり少ないかまぼこサウンドだったのが高域主体のキラキラサウンドになりました(低域は変わらず)。
本当に音のキラキラ感がとんでもないです。ボーカルもはっきり聴こえて面白い音になりました。ただ結構刺さります笑
※フィルターを奥に押し込んでしまうと元には戻らないので注意してください!

フィルターを押し込んでしまった以上、UE900Sサウンドではなくなったと思います。中域ホンと評価されるUE900Sが私のだと完全に高域型になってしまいましたしw
何はともあれ、BAの故障が原因ではないようで本当に安心しました。これでもしもの時があってもリモールドに出せます(ぇ

それでは。

TFZ SERIES 5Sレビュー

今回は5Sをしばらく使ってみて感じたことを書いていきます。

まずは外見から。
IMG_7049
IMG_7050
フェイスプレートは金属製でなかなかの高級感。ヘアライン加工がされていて非常に凝っています。真ん中の部分が音楽に合わせて振動するというギミックはありません笑(自分は買うまであると思ってた)

反対側です。
IMG_7051
紫色が綺麗ですね。中のドライバが見えます。よく見ると、ドライバが耳穴ではなくフェイスプレート側を向いているのが分かります。

IMG_7052
ケーブルは銀メッキ銅線で、見た目はPinnacle P1に似ていると思います。思っていたよりもとても細いです。癖は結構付きやすいです。プラグのデザインはあまり好きじゃない…。

装着してしばらくすると、耳が痛くなりました。そこで自分のカスタムと比べてみました。
IMG_7010
なるほど、これは確かに5Sのステムの傾きが自分の耳穴に合っていませんね。ですが、大体の人は痛みを感じることなく装着出来ると思うのでご安心ください。

それでは音質の感想に入りたいと思います。いつもと同じで評価が下手ですがご了承ください。
届いた直後は音がこもりまくりで失敗したかと思いましたが、エージングしていくうちにこもりが無くなっていきました。
低音が強く、私が所持しているイヤホンの中では1番強いです。重低音も結構出ます。ダンスミュージックやメタルなどを聴くと素晴らしいの一言。めちゃくちゃノレます。
中音はややこもります。
高音はあまり目立ちません。ですが消えゆく音の表現はダイナミック型なので上手いです。

【総評】
自分が期待していた通りの低音ホンで良かったです。解像度もそこそこあり、音場もやや広めです。はっきり言って、かなり好みでした。
遮音性は並でした。シリコンイヤーピースを装着しての電車での使用はあまり快適ではないですね(私は遮音性に関してはかなり厳しめなので他の人の評価はまた違ってくるかもしれません)。もちろんフォームチップで快適になります。
ただ惜しいのは自分の耳に合わず長時間の装着は出来ない事、ハウジングにバリが残っていたりと質がとても良いとは言えない事ですね。まぁそこはAliで〇〇〇円の中華ホンなので仕方がないですね。むしろ〇〇〇円でこの音なのですごいと思います。非常に満足です。

これでSERIES 5Sのレビューを終わります。
あとこの前届いたUE900Sですが、それについて少し良いことがあったので後日記事を投稿しますね。

それでは。

UE900Sがやって来ました。

どうも皆さん、お久しぶりです。結局この前の日曜日に結局Twitterを開いてしまった…。
AK70の新たなカラバやFiiO X5 3rdなどが現れ、低〜中価格DAPのラインナップがだんだん面白くなってきましたね。X5 3rdも次のDAP候補に入れたいところですが、私の用途からして買う可能性は低いですね〜音は良さそうなのですが。
もしかしたら今年最後の記事はこれかもしれません。が、TFZ SERIES 5Sのエージングが終わればそのレビューも今年中に投稿しますね

IMG_7033
今回やって来たのはUltimate EarsのUE900です。UE900Sではありません。ネットでUE900の画像を見たところ、これは実はUE900Sだったことが判明しました!
こちらはTwitterのフォロワーさんに譲っていただいたものになります。お忙しい中、発送ありがとうございました!
IMG_7032
ジャンク品とのことなので本体のみ…と最初は思っていたのですが、なんとEstron MusicとWestoneのハードケースも付けて下さいました。本当に感謝です。

そして気になる音は…あれ、左側の音量が右に比べて小さい…。
覚悟はしていました。なのでショックは全くありません。
問題は原因が何なのかです。ケーブルは問題無かったので、本体側に何かがありますね。BAドライバーの故障だったら悲しい…リモールドも厳しくなりますからね。個人的には単なる内部配線か、音導管フィルタの問題だと思いたいです。
取り敢えずドライバを乾燥させてみます。ハードケースに乾燥剤と共にUE900Sを入れてみました。1週間程放っておいて、どうなるのか確かめるつもりです。

それでは。

TFZ SERIES 5Sが届きました。

IMG_6971
注文から約半月。ようやく届きました。中国の税関を出てから日本に着くまで随分と時間が掛かりました。
みんな大好き(?)HCKで購入したのですが、プライスはなんと○○○○円!公開してはいけないと口止めされるほど安いです。価格はHCKに聞けば教えてくれると思います。

TFZですが、国内でもe☆イヤホンでSERIES 1/3/5が販売されていますね。ですが私が購入したのはまだ日本では販売されていない5Sというモデルになります。
5との違いは筐体の素材と音のチューニングです。5は黒い筐体だったのが、5Sでは中身が見える紫色のプラスチックになりました。

IMG_6972
イヤホンにしては随分と大きな箱です。中華イヤホンの中ではかなりの高級感があるのではないでしょうか
説明書は日本語対応。翻訳も割と正確です。

IMG_6973
 付属品はシングルフランジのイヤーピースが3サイズ、ダブルフランジが1ペア、フォームチップが1ペア、耳掛けフック、クリップ、イヤホンをまとめるやつ(?)、ケース、メンバーシップカード、保証書でした。

まずはエージングも兼ねて音質を確かめてみます。いつものようにファーストインプレッション及びレビューはまた後日。

それでは。

EARTECH MUSIC Dualの感想

IMG_6888
届いてから随分と経ってしまいましたが、ETM Dualのレビューをしたいと思います。

【造形・仕上がり】
物凄いフィット感。滑りにくい素材なのかスルッとすぐにフィットする訳ではありませんが、耳に馴染んでくると抜群のフィット感と遮音性が手に入ります。
しかし、シェルの高さがありすぎて、耳からかなり飛び出ます。多分製作者はこれで耳に入ると思っていたのでしょう。残念!私は耳も小さければ耳穴がとても浅いw
シェルの造形は良いのですが、フェイスプレートは削りと研磨が少し甘く、少し角ばっています。
そして1番の問題点なのが、シェルの内部にゴミ・汚れが多く残ったままフェイスプレートを閉じてしまっていることです。私の場合これが結構酷いです。他の所有者はそんな事は無さそうなのですが…。フェイスプレートをクリアカラーにしているので更に目立ってしまっています。

【音漏れ・遮音性】
音漏れ?ある訳無いです。
カスタムの遮音性はコンプライと同等かそれ以下という話を聞きますが、これは明らかにコンプライを超えています。殆ど外部からの音が入ってきません。

【音質】※標準ケーブルでの評価
スッキリサウンドです。ややドンシャリ傾向に感じます。
予想以上に低音が少なかったです。
いや、低音はそこそこ出てはいるのですが、重低音が無さすぎて、Klipsch X10よりも低音の量感が少なく感じました。
中音は上手く鳴らしています。ボーカルが主体の音楽を聴くと素晴らしいですね。
高音はよく出ます。ただ刺さりはしないので全く不快ではありません。伸びるとは思います。
2BAの良さを感じるカスタムです。UE5PROと構成が同じですもんね。

レビューは以上になります。折角リケーブルしたので、これからも長く愛でていきたいと思います。

それでは。

Co-Donguri 雫を買いました。

我慢が出来ず、遂に買ってしまいました。
IMG_6701
今回購入したのは、茶楽音人のCo-Songuri 雫 Silver Moonです。
購入理由は家用にイヤホンが欲しいと思ったからです。
カスタムIEMのETM Dualだと寝ホンすると2pinコネクタが曲がって大変危険なので、何か欲しいと思っていました。
いやでも既に色々持ってるじゃんと思われるでしょうが、現在カナル型は1つも持っていないんですよね…(X10とLZ A3は売却予定)。
そこで安くてそれなりに良いのを買おうかなと。
いつものようにHCKからRayAudio RA01でも買おうかなと思っていたのですが、LZ A3の件(後述)もあるので試着出来るイヤホンから選ぼうと思いました。

LZ A3の件ですが、私は随分複雑な耳穴の持ち主のようで、ユニバーサルイヤホンが全然フィットしないんですよね。今まで満足にフィットしたのはX10位です。
LZ A3は装着感に難がある形状をしているので、私の耳穴に入る訳がありませんでした。

ヨドバシで色々試聴・試聴した結果、こどんぐりが1番装着感がマシ(フィットはしない、家ようなので別に良いかなと)だったので購入に至りました。

それでは開封をしていきたいと思います。
IMG_6704
内容物は本体、SpinFit白軸(S, M, L)、説明書です。
ケースは付属していません。本体の仕上がりにコストが掛かってそうなので仕方ないところではあります。

次は本体をよく見ていきましょう。
IMG_6705IMG_6706
筐体は金属で出来ていて、5000円以下とは思えない高級感を醸し出しています。
お尻には通気口がありますね。
L側に突起があるので暗い中でも左右の判別がしやすくて良いですね。X10には無い利点です。

IMG_6707
ケーブルは布製ではないですが、まるで紐のような質感と触り心地です。
癖が出来る様子も全く無く、取り回しもかなり良いです。本当に5000円以下なのこれ…。

普通の装着の仕方だとフィットしませんでした。耳掛けするとそれなりにフィットしました。
耳掛けするとタッチノイズが無くなりケーブルの質の高さを感じます。

音はまだレビュー出来る程聴き込んではいませんが、心地良い音だと感じます。
低音が少ないイヤホンばかり買っているので、こどんぐりの低音が多く感じます。
ETM Dualより能率が低いのには驚きました。まぁあれはイヤモニですからね。
能率が低いと出力の高いAune B1でもボリュームを更に上げる事が出来ます。

レビューはまた今度。それでは!

初めてのカスタムIEM

遂に…遂に届きました!私のカスタムIEM!

image
ドドン!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

メーカーはEARTECH MUSICです。日本ではほとんど馴染みは無いと思います。
EARTECHはアメリカの補聴器メーカーで、補聴器を製作する傍らアーティスト向けのカスタムIEMも作っています。
カスタムIEMのラインナップはDual (2BA), Triple (3BA), Quad (4BA)があります。
そして、今回私がオーダーしたものはDualとなります。

日本にはEARTECHの代理店は無いので当然個人輸入ということになりますが、実は私自身が個人輸入をした訳ではないんです。
4月にEARTECHを私に紹介して下さっただたろうさん(@goma_sio_san)に依頼させて頂きました。
今回は本当にありがとうございました!

ポタフェス東京にてオーダー&支払い。
そして以下が進捗の様子です。

7/17 オーダー

7/27 連絡
EARTECHが参加するSummer NAMM Show(アメリカで開催される楽器ショー)で多くの注文が入ったため数週間遅れるとのこと

8/31 カスタム完成・発送?

9/2 日本に到着?

9/7 受け取り

日数にして52日。長かった… ※カスタムにしては早い方です
納期の早さが魅力的だったのでオーダーしたのですが、予想外の出来事でそれなりに掛かってしまいました…笑
逆にその数週間の遅れが無ければかなり早いと思います。

さて、それでは開封と参りましょう。
付属品はペリカンケース、乾燥剤、クリーニングツール、クリップ、カード、そしてTシャツ(!)です。色々と付いてきますね。

image

image
デザインはシェルをElectric Blue, フェイスプレートをCrystal Clearにしました。
私は中身が見えるデザインが好きなのでこのような組み合わせとなりました。心配していたドライバの配置も問題無く、
美しく見えます(ドライバの配置にも拘るのかよ…)
仕上がりはですね…右耳はとても綺麗なのですが、左耳のシェルの中に細かいゴミが入ってたのはちょっと残念…。
ロゴを付けるオプションは無料なのにもかかわらず、印刷ではなく彫られていたのにはおおっとなりました。

image
2BAの割には結構高さのあるシェルですね。耳からはみ出ます。
これは自分の耳穴が小さいのが理由かもしれないです。

image
採用されているドライバは低域にKnowles CI, 高域にSonion 2389だと思われます。
※目視により低域にKnowles CI22955, 高域にSonion 2389を採用していることが確定しました(9/18追記)
ドライバに詳しい方、自作erはおっ!と思ったのではないでしょうか?そうです、このドライバ構成はあのUE5Proと同じです。
Dualを聴いた人達も音が5Proと似ていると言っていました

さて、早速装着…

…ん?全然フィットしない…
遮音性はそこそこあるけど音がスカスカだ…
私はかなり焦りました。
しかし、長時間付けていると、だんだん耳の方が馴染んできて、フィットしないという感じも無くなってきました。
まだ完璧とまではいきませんが、この調子ならリフィットに出したりコンプライを装着する必要は無さそうです。

ちなみに、私は閉口状態でインプレッションを採ってもらったのですが、緩いなどのフィット感の問題はありませんでした。カスタムを付けながら口を開けても痛くなるという事は全くありませんでした。
ですのでインプレッション採取時の口の状態は別にこだわる必要は無い、というのが今回の結果です(あくまで私個人の場合です)。

音はどんな感じかというと、低音がX10より多く、解像度が高いという以外はいい点を感じられません。音が篭りますし。
しかし、先達曰く長時間エージングすれば鳴らし始めよりかなり良くなると口を揃えて仰られたので、今後の変化が楽しみであります。

今回はここまでです!カスタムIEMとはどのような物なのか、だんだんと分かってきた気がしますw

ではでは!
image
Twitter プロフィール
DAP:AK70 True Blue/Earphone:EARTECH MUSIC Dual, TFZ SERIES 5S, UE900S etc. 詳しくはツイフィールを見て下さい→https://t.co/m60JwKrvcN 『こばや〜んのオーディオブログ』更新中! 無言フォロー失礼します
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索