ファーストインプレッション

Trasam HA2 Proファーストインプレッション

今回はファーストインプレッションです。

内容物

IMG_7454
本体、ミニミニケーブル、USBケーブル、シリコンバンド、滑り止め、説明書、そしてTrasamの名刺(?)です。

外見レビュー
HA2 Proは金属筐体ですので高級感があります。かといって重いわけではなく、軽いです。薄さも12mmなので、持ち運びがしやすいポタアンと言えるでしょう。

では外見を見ていきましょう。

IMG_7476
正面です。
ドットが等間隔に刻まれたデザインが特徴的で、スタイリッシュな印象です。

IMG_7477
裏側です。
このポタアンは表も裏も同じ模様なので、好きな向きで重ねることができます。

IMG_7479
上部です。
入出力端子、ゲインスイッチ、ボリュームノブがあります。
ノブは重く、ボリュームガードもあるので勝手にボリュームが変わってしまう心配はありません。イヤホンジャック側にもガードがあるので太いプラグは挿せない可能性があります。

IMG_7481
下部です。
こちらには電源スイッチと充電用のUSB端子があります。
充電の状態はLEDで確認することができます。
 
AK70と組み合わせてみた
実はここにHA2を購入した最大の理由があります。

IMG_7482
AK70と組み合わせてみると、なんとサイズがピッタリではありませんか。

IMG_7483
薄さもほぼ同じで、握ってみても厚くなったAK70を持っているような感覚です。
サイズならMojoやALO Rx、CV5よりも遥かにこっちの方が良い組み合わせだと思います笑

音質ファーストインプレッション
HA2は販売サイトを見るにディスクリートアンプとのことですが、オペアンプ使用で基盤面積も少ないので、ディスクリートは嘘か一部なのだと思います…笑

前回書いた通り、最初からオペアンプを交換してもらっているので、私は元々の音を知りません。そこはご了承ください。
ちなみに元々のオペアンプは前段がOPA627AU、後段がOPA1688×2です。
そして私の小倉さんカスタムは前後段共にOPA1622となります。
視聴に使用したミニミニはVelaです。 

一聴して感じたのは低音と高音の音圧の向上。迫力が直挿しとは全然違います。
ボーカルは若干近くなり、生々しさが増しています。
解像度も高くなり、直挿しでは聴こえなかった音も聴こえ「えっ、ここってこんなに音が多かったの」と気付くこともありました。
言うまでもなくAK70と相性が良いです。小倉さんが選んでくれたOPA1622がいい感じなのでしょう。

出力があまりにも高いが故に、AK70でラインアウト出力だと音が大きすぎてボリュームノブが全然回せませんでした。ですのでAK70側のボリュームを70/150で運用しています。はっきり言って、この小さいポタアンからここまで大きな音が出るとは思いませんでした。

しかし弱点もあります。

1つはポップノイズが大きいこと。電源を入れたり切るときやゲインを切り替えるとき、そしてイヤホンを抜き挿しするときに「ブツッッ!!」とイヤホンが壊れるんじゃないかと思うほどの大きなノイズが流れます。耳にも悪いので、感度の高いイヤホンは諦めて直挿しにするなど対策が必要でしょうね…笑 
小倉さん曰くOPA1622は特にポップノイズが大きいとのことなので、オペアンプを違うものに交換すれば話は違うのかもしれません。

もう1つは電波干渉がかなりあること。これは筐体が全て金属だからだと思います。
スマホなど電波を出すものは大きく離す必要があります。

総評
10000円ちょっととは思えないクオリティで驚きました。
弱点は結構痛いですが、それでも満足するに値するポタアンだと思います。

今度は私が所持している3本のミニミニ比較をHA2とAK70を用いて行いたいと思います。
HA2の最終レビューはもっともっと聴き込んでから。


それでは。

AK70ファーストインプレッション

今回はAK70 True Blueのファーストインプレッションとなります。
その前にまずはなぜ買ったかを書きたいと思います。AK70を購入した理由は、
・NW-A35にいくつか不満があったから(詳しくは後日記事にするかも)
・操作性の良いDAPが欲しかった 
・限定色のTrue Blueが美しかった
ざっくりこんな感じです。操作性で言えばDP-X1A、XDP-300Rや発売予定のX5 3rdがあるじゃんと思うかもしれませんが、私がそれを選ばなかった理由としては、
・大きい
・DAPにしては機能が多過ぎる(Android)
・ボリュームダイアルが左にある(右の方がいい)
・X5 3rdはイヤホンジャックが本体下部にある(できれば上部に欲しい)
・Androidだから起動が遅い
などの理由が挙げられます。最後に関してはAK70もAndroidベースではありますが、AK70は起動が約20秒と速い部類に入ります。今まで使っていたNW-A35とか1分以上も掛かりますし。
購入理由が大体明らかになったところで本題に入りたいと思います

まずは外見を見ていきましょう。
IMG_7091
正面です。AK特有の左右非対称デザインが本機にも採用されていますね。

IMG_7094
上部にはイヤホンジャックが2つあります。エントリー機にもかかわらずバランス出力にも対応しています。電源ボタンもこちらにあります。

IMG_7095
側面左側です。3つボタンがありますが、上から前の曲・巻き戻し、再生・一時停止、次の曲・早送りとなります。microSDカードスロットがあります。
ボタンの位置は他のAKシリーズのようにちゃんと真ん中に配置して欲しかったですね。設計上仕方のない事なのかもしれませんが、デザインの甘さを感じます。上部も同じです。

IMG_7093
側面右側にはボリュームダイアルがあります。今このタイプのボリュームダイアルを採用しているのは本機とAK380だけなので特別感がありますね。回すとカチカチした感触が心地いいです。アナログアンプのボリュームノブというよりは時計の竜頭みたいです。

IMG_7096
底面にはmicroUSB端子があるのみです。

IMG_7097
背面です。小さいAstell&Kernのロゴが大量に散りばめられています。これは最近のAKシリーズによくありますね。私が以前持っていたAK Jrも同じです。光の反射が美しいですが、ガラスなので扱いには注意する必要がありますね。

IMG_7090
付属品は本体の他に保証書、クイックスタートガイド、保護シート(全面×2、背面×2)、USBケーブル、ダミーmicroSDカード、そしてなぜか通常カラーのAK70に無いというgrooversの1曲無料ダウンロードチケットが入っています。

IMG_7089
本体が入っているスペースはAK70と同じ右側が削られているデザインになっているのが特徴です。変なの

音の感想は他でたくさん書かれているので自分は簡潔にいきます。
音傾向は中域寄りといったところで、ボーカルが結構目立ちます。私の所持していたDAPの中では1番です。ボーカルが本当に気持ちが良いです。
低域は多めという訳ではありませんが、ボワつくようには感じないので良好です。高域はそこそこあると思います。
解像度も高く、今まで聴こえなかった音も聴こえます(オーディオあるある)。クロストークもかなり少ない感じで、分離感も上々です。ホワイトノイズはありません。全体的にスッキリとしたサウンドだと思います。
イコライザは10バンドありますが、オンにしても音量は下がるわ変化は少ないわであまり意味は無いと思います。PRO RQは音量は下がらないものの、こちらもオフとの違いは分かりませんでした。

操作性は流石といったところ。起動も2世代よりもかなり速くなっていますし、こちらの方が若干動作がサクサクです(AK JrやNW-A35とは比べ物になりません)。ただバッテリーはやはり公称よりもつ感じはしません。これはAK Jrも同様でした。

まだまだ新しいAKのインターフェースに慣れていないので、レビューはもうしばらく触ってから書きたいと思います。

それでは。

Crystal Tipsが届きました。

以前注文していたCrystal Tipsが届きました(詳しくはこちら)。
追跡どころかステータスが全く動かないので本当に届くのか不安でしたがちゃんと届いたようです。注文してからちょうど10日で来ました。

このような封筒に入っていました。
IMG_6901

封筒を開けるとCrystal Tipsの箱が。 少し潰れていましたがこわれものではないので問題ありません。
IMG_6902

箱を開けるとイヤーピースが入っていました。1セット3ペアです。ちなみに私が買ったサイズはCore(ステムの太さ)がMで、イヤーピースのサイズもMです。 
IMG_6903

Crystal Tipsの特徴は音の出口が広く設計されていることです。これによって潰されても音の通り道を確保し、音の篭りを軽減するのでしょう。
IMG_6905
触ったり潰してみた感じ、感触は中華イヤホンに付いてくるフォームチップのようでした。しかしこちらの方が当然質は高く、潰して元に戻るスピードも遅めです。熱による影響は少ないと感じました(コンプライは温かくなると柔らかくなりすぎてしまう)。

こどんぐりに装着してみました。ステムのサイズが合っていて一安心です。
IMG_6904
SpinFitではダメダメだった装着感がかなり良くなりました。
音もSpinFitと比べて篭りもなく、違和感は無いです。
ぶっちゃけサイズはSでもよかったか…笑

いい買い物をしました。ユニバーサルイヤホンの95%がフィットしない私でも、これさえあれば大丈夫だと思います(フォームチップが欲しいのならコンプライでもいいのだが…笑)。という訳で、以降ユニバーサルイヤホンを買う場合、全てにCrystal Tipsを採用したいと思います(ぇ
気が向いたら、本当にコンプライよりも寿命が長いのかレビューしようと思っています。

それでは。

NW-A35ファーストインプレッション

今回のファーストインプレッションでは、音よりは外見・触ってみた感じを重点的に評価していきたいと思います。

まずは外見から見ていきましょう。

正面です。
画面が綺麗です。
IMG_6872

次は右側面。
ここにはあらゆる操作キーが揃っています。これが非常に便利で、画面を見ずとも素早く操作することが出来ます。
IMG_6873

左側面。
こちらにはmicroSDカードスロットがあります。
NW-A10やNW-A20と違いカバーのグラグラ感はありません。
IMG_6874

下部です。
ストラップホールとWMポート、ヘッドホンジャックがあります。ヘッドホンジャックが安っぽくてやや残念。DP-X1程ではありませんが少し緩めです。
IMG_6875
 
最後に背面です。
ウォークマンのロゴと、NFCマークがあります。
IMG_6876
 
外装は多分プラスチックだと思います。安いので仕方が無いですね。

次は画面とUIを見ていきましょう。 
先程も書いたように、非常に画面が綺麗です(ピクセル数は800×480)。文字もジャギジャギ感は無く非常に良好です。アルバムアートもクッキリと表示します。

ホーム画面です。
メニューは表示/非表示が可能で、並べ替える事だって可能です(この写真は既に自分用にカスタム済み)。
ここから再生中の音楽に飛んだり出来ます。 
IMG_6877

アルバム一覧です。
アルバムアートが小さく表示出来るのが良いですね。これを重視する人もかなり多いのではないでしょうか。
IMG_6878
 
再生画面をいくつか。
IMG_6879
IMG_6881
やはり綺麗ですねぇ。
Shanling M5から乗り換えても全く違和感がありません、というかフォント含めこっちの方が良いです。

付属品紹介を忘れていました。
内容は本体、WMポートを保護するシリコン、ケーブル、説明書等の書類です。
IMG_6869

音質ですが、思ったよりも良い感じです。
私はウォークマンで聴くならイコライザをかけまくるので、レビュー出来るかと言われたらあまり…笑 
今度音質のレビューをするまでに自分の感想をまとめておきます。
実はウォークマンのイコライザがかかったハイファイとは言えないサウンドも結構好きだったり…w
皆さんが気にしているであろうホワイトノイズですが、静かな部屋で高感度のIEMだとほんの僅かに聴こえる感じです。それでも多くの中華DAPとかよりはかなり小さいです。M5よりも小さいです。ちなみにホワイトノイズの大きさは音量に比例します。

Aune B1と繋げてみました。
IMG_6870
直挿しと比べて、シャープさが若干失われて音が丸くなる感じですが、音場がグワーッと広がり、ゆったり系のサウンドになりました。音のレベルはかなり違いますがAK240みたいな感じです(個人の感想です)。
B1と合わせて使うのもアリですが、直挿しでも十分かなぁと。コンパクトだし。

FiiO X1 2ndよりもこっちの方が良いです(今のところ)。買ってよかった。

ファーストインプレッションは以上となります。
私の文章でNW-A30の事が少しでもお分かり頂けたなら幸いです。

明日は別の製品が届くかも…?
お楽しみに。

Aune B1(2016 Ver.)ファーストインプレッション

image
さて、今回はAune B1(2016 Ver.)のファーストインプレッションとなります!

まず、2016 Ver.とはなんぞや?と思うかもしれませんが、2016 Ver.は以前のB1を改良し、IEMに最適化したモデルのようです。Fiio E12とE12Aみたいなものだと私は認識しています。
音以外にも、ボリュームノブに以前のモデルには無かった白い点が2016 Ver.には追加されていたり、外見の違いもあるようです。

では、じっくりB1を見ていきましょう。
image
まず目に入るのはこのアンプの大きな特徴である2つの窓。好きかどうかは意見が分かれそうなデザインですが、8割は好きだと答えると思いますw
電源を入れると窓の中のLEDが光ります。真空管みたいな演出が良いですね!
中の基盤が見えるところにロマンを感じずにはいられません。
左右対称なので予想出来る方もいるしれませんが、このポタアンはLRの増幅部が独立しているデュアルモノ構成です

image
背面は合皮となっております。
DAPに傷は付きにくくなるんでしょうけれどもポタピタシートを貼りたい人にとっては邪魔ですね。フォロワーさん情報だとポタピタシートを貼っても簡単には取れないらしいです(むしろ合皮が剥がれそうな位強いと聞き戦慄)。変色が気になるところです。

image
次はサイド。バッテリー残量をライトが光った回数で知ることが出来ます。

image
こちら側はゲインとバイアス切り替えスイッチ、あと電源スイッチ。
バイアスを切り替え出来るポタアンってなかなか無いんじゃないですかね。
電源のオンオフがボリュームノブで行われずに電源スイッチが独立しているのも個人的には高ポイントです。

image
上部はボリュームノブとLINE IN端子、ヘッドホン出力端子があります。

image
下部には充電用のUSB端子があるのみです。

image
付属品はミニミニケーブル、microUSBケーブル、説明書、企業の名刺です。

早速M5と繋げて聴いてみましょう。結構サイズが合っていていいですね。
image
聴き始めてすぐに、音の綺麗さにハッとしました。解像度も上がり、音場も広くなりました。
しばらく聴いてM5単体に戻すと、解像度が高いと思っていたM5の音が篭って聴こえました。これには驚きです。
出力もかなり高く、ボリュームノブをほんのちょっぴり回しただけでX10を駆動するには十分すぎる音量を得ることが出来ました。
未試聴での購入でしたが、とても満足できるポタアンだと感じました。買ってよかった。


前回の最後で言っていたとんでもない事ですが、下の写真をご覧ください。
image
赤い線はシリコンバンドを装着する予定の場所です。
…はい、上のシリコンバンドがB1の窓に干渉してしまっています。
景観ブチ壊しという程ではありませんが、少し残念ですね。え、全然とんでもなくない?私にとっては意外と重要なんですよ!!

ファーストインプレッションは以上です。本レビューは何日か経って色々と分かってきたことを書こうと思っています。

それでは!
Twitter プロフィール
DAP:AK70 True Blue/Earphone:EARTECH MUSIC Dual, UE900S etc. 詳しくはツイフィールを見て下さい→https://t.co/m60JwKrvcN 『こばや〜んのオーディオブログ』更新中! 無言フォロー失礼します
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索