購入報告

Trasam HA2-Pro Extreme Versionがやってきました。

過ちは繰り返すーーー。

以前Aune B1を手放し、AK70をメインDAPにしてからというもの、ポタアンは買うまいと思っていたのですが…。

IMG_7459
やってしまいました。
高コスパ高音質で最近話題のTrasam HA2 Proを買いました。
Twitterでお世話になっている小倉 彬さんから譲って頂いたものになります。

なぜまたポタアンを買うようなことをしたかというと、ぶっちゃけAK70のパワーに不満があったからです。
というのも、BAイヤホンだと相性が良いのですが、D型イヤホンやヘッドホンだとパワーが足りないのか満足できない音だと感じたからです。
そこでポタアンを使ってパワー向上を図ろうかなと…笑 愚かだと思っても構いません。

ちなみにTrasam HA2シリーズ、オペアンプが交換できちゃいます。なので購入者は皆オペアンプを自由に交換して音の違いを楽しんでいるご様子。

実は小倉さんに「AK70に合いそうなオペアンプを選んでくれないか」と無茶振りな要求をしたのですが、小倉さんは快く引き受けてくれました。ありがとうございました。
というわけで私が譲って頂いたHA2はオペアンプ交換済みです。全てOPA1622に換装されています。

果たしてAK70とどのような反応を起こすのか…。楽しみです。
ファーストインプレッションもすぐに投稿する予定なので、そちらもよろしくお願いします。


それでは。

新しいミニミニケーブルがやって来ました。

お久しぶりです。
大学の入学手続きも大体終わり、大学生活に向けての準備が始まりました。
今は自動車免許を取るために教習を受けているんですが、将来乗ることのないであろうMTを選んでしまったことを後悔しています…w

それはさておき、Twitterで前からお世話になっているぜろさんのミニミニ・Velaがやって来たので紹介したいと思います。

IMG_7381

外見レビュー
Velaの線材は銀メッキ銅線で、芯数は8本です。1本1本が細いのでそこまで太くはありません。

IMG_7383
ケーブルを近くから見るとこのような感じです。銀色のケーブルが輝いていますね。綺麗に編まれているのが分かると思います。
結構柔らかいので、簡単に曲がります。気になる点は少し曲げグセが付きやすいことですかね。

IMG_7385
プラグはロジウムメッキ処理が施されたカーボンプラグです。やっぱりカーボンプラグはデザインが良いですよね。

KINPIKAとの比較
次は私が元々所持しているミニミニ・KINPIKAと比べてみたいと思います。ご存知の通りKINPIKAはKOHさんが作成したミニミニケーブルとなります。

IMG_7387
まずは2本を並べてみました。
KINPIKAは結構短めに作って頂いたので、Velaとの長さの差がはっきり出ていますね。
プラグはどちらも同じです。
KINPIKAの方は針金のように硬いところがVelaと最も異なる点だと思います。

何気に金と銀が揃っていて良いですよね…笑

柔らかさの違いは伸ばしてみるとよく分かります。
試しにAK70に伸ばした状態で挿入、立ててみました。
 
IMG_7388
するとKINPIKAは自然に曲がる気配は全くありません。バリカタを通り越してハリガネです笑
 
IMG_7389
一方Velaは(長いからというのもありますが)自重で曲がりました。

まとめ 
今は接続するものがないので、まだ音のレビューをすることはできません。なので出来るだけ早く家電量販店でポタアンと接続して聴いてみたいです。その時にKINPIKAとの比較が出来たらなぁと思っています。
接続するものがないのに何故買ったのかというと、ちょうど買うタイミングが出来たことと、早くKINPIKAと並べてみたかったからです。繋げるものも近いうちに買いたいですね…。


それでは。

AK70 True Blueがキタ

やっと…やっと買えました…!
IMG_7098
ずっと欲しかったAK70 True Blueです!
1年前にAK Jrを買って、その操作性に不満を持って色々DAPを買い換えた私…。
ようやくずっと使いたいと思える物を買えました。多分DAP探しはこれで終わるはずです。

ファーストインプレッションとレビューはまた今度。

それでは。

TFZ SERIES 5Sが届きました。

IMG_6971
注文から約半月。ようやく届きました。中国の税関を出てから日本に着くまで随分と時間が掛かりました。
みんな大好き(?)HCKで購入したのですが、プライスはなんと○○○○円!公開してはいけないと口止めされるほど安いです。価格はHCKに聞けば教えてくれると思います。

TFZですが、国内でもe☆イヤホンでSERIES 1/3/5が販売されていますね。ですが私が購入したのはまだ日本では販売されていない5Sというモデルになります。
5との違いは筐体の素材と音のチューニングです。5は黒い筐体だったのが、5Sでは中身が見える紫色のプラスチックになりました。

IMG_6972
イヤホンにしては随分と大きな箱です。中華イヤホンの中ではかなりの高級感があるのではないでしょうか
説明書は日本語対応。翻訳も割と正確です。

IMG_6973
 付属品はシングルフランジのイヤーピースが3サイズ、ダブルフランジが1ペア、フォームチップが1ペア、耳掛けフック、クリップ、イヤホンをまとめるやつ(?)、ケース、メンバーシップカード、保証書でした。

まずはエージングも兼ねて音質を確かめてみます。いつものようにファーストインプレッション及びレビューはまた後日。

それでは。

数年ぶりのPCDP!

どうも、お久しぶりです。書くことが無くて2週間ぶりの記事となってしまいました…。
あとTwitterですが、この前の模試の結果があまりにも酷かったのでまたやめることにしました(ほんとぉ?)。国語と日本史は着実に上がってきているんですがね…英語がどうも良くないようで。ただ、もう1つやった模試では英語の結果も良かったです。

そんなことはさておき、私、遂にPCDPにも手を出しました!
まぁ10年ほど前にも安いものを所持していたんですがね…。すぐに壊れてしまってからは今まで何も買っていませんでした。
しかし、Twitterをしばらくやっていると、昔のPCDPを所持している方を多く見掛けました。
そして私も触発され、やったことのないオークションを開きました。
すると、たくさんのPCDPが意外と高値で取引されているではありませんか。美品で1万円以上もするのもあって驚きました。
家電量販店で売られているのにもしようと1度は考えたのですが…SONYなど有名な会社ではもう出していないんですよね…。
オークションの話に戻り、目欲しいものが3〜4000円と高くて手を出しにくかったんですが、ある日動作品で1000円ちょっとで出品されているのを発見。すぐに入札しました。
争奪戦になるかな…と思っていたのですが、何故か私以外の誰も入札せず。人気がない機種なのか運が良かったのかは知りませんが、とにかく落札できました。

IMG_6954
そして届いたのがこの機種、PanasonicのSL-S270です。
オーオタになってからは初めてのPCDP。これからが非常に楽しみです。
ファーストインプレッションとレビューはまた後ほど。

それでは。

トリプルコンフォートイヤーピースを買いました。

IMG_6913
先日買ったCrystal Tipsが全く役に立たなかったので急遽購入。NW-A35を買った時のポイントで買ったので実質無料です。

IMG_6914
 左がトリプルコンフォートイヤーピースで、右がCrystal Tipsです。
トリプルコンフォートイヤーピースはスポンジっぽいというよりはグミみたいな感じです。ブヨブヨしています。そしてゴム臭いw

早速こどんぐりに装着して耳に突っ込んでみたところ、まあ悪くない装着感を得られました。やはり自分の特殊な耳穴にはあまりフィットしませんでしたが、SpinFitよりは幾らかマシです。
外で使ってみても特別遮音性が良い訳ではなかったですが(基本的に私は外の雑音が大嫌い)、音楽を流してしまえばそれほど雑音は気になりませんでしたね。音がダイレクトに伝わっているんでしょう。

取り敢えず、こどんぐりのイヤーピースはこれに落ち着きました。

ありがとうございました。 

PW Audio No.5が届きました。

IMG_6885
やっとETM Dual用のリケーブルが買えました…。
前に寝ホンしてしまい標準ケーブルの2pinを曲げてしまったので早く買おうと思っていました。
それが今回の製品になります。

あれ?お前ずっとEffect AudioのAres II買うって言ってなかった?と思っている方々もいらっしゃるでしょうが、はい…

妥 協 し ま し た 。オイィ!

まぁ〜予算オーバーのNW-A35を買ってしまったのだから仕方無いです。
それに、こちらの方がAres IIより取り回しが良いかなぁと。ケーブルの太さは同じですが。
Ares IIのデザインはメッチャカッコいいんですがね…。あの分岐とプラグも物凄い好きなんですが、ケースに入れたりするのに不便かなぁと。
 
IMG_6886
ポーチが付属してきますね。ただ使わないかなぁ…笑

細かい所を見ていきましょう。

分岐部分です。
分岐は収縮チューブ、スライダーは木製です。
IMG_6890
 
プラグです。
収縮チューブで覆われているので確定は出来ないですが、オヤイデ製のプラグを使用していると思われます。
IMG_6891
 

次はETM Dual標準ケーブルとの太さ比べです。
No.5の方が明らかに太いですね笑
IMG_6893
 
ETM Dualに装着してみました。
ピンがコネクタに入るのにかなりの力と時間を要しました汗
物凄い豪華に見えますね〜。
IMG_6889
 
音質はまだ聴き込んでいないので詳しくはレビュー出来ませんが、パンチ力が上がったのが分かりました。中低音が良くなりました。高音も意外と出ます。

今回ので本当に金欠になってしまったので、もうIYHは当分控えることになりそうです笑

それでは。

新しいDAPを購入 〜選ばれたのは、NW-A35でした〜

IMG_6867
迷いに迷った結果、NW-A35を購入しました。 
今日は学校が休みだったのでヨドバシ八王子に行ってきました。昼頃にはもう売り切れていると思っていたのですが、何故かまだ在庫があった為確保。

NW-S644→FiiO X1→AK Jr→Shanling M5→NW-A35と、ウォークマンに原点回帰した感じですね。ウォークマンは実に2年ぶりです。
こうして見ると短い期間でめっちゃ買い換えていますね。驚きです。

ファーストインプレッションとレビューはまた後ほど。

それでは。

Crystal Tipsを注文してみました。

IMG_6858
こどんぐり用のイヤーピースを探している時に、真っ先にコンプライが候補に上がった(付属のSpinFit等シリコンイヤーピースは自分の耳には合わない)のですが、やはりコンプライは相変わらず高価なので、折角なのでお試しにとイギリス発のフォームイヤーピース・Crystal Tipsを買うことにしてみました。

ポータブルオーディオ界隈では割と知られていると思うのですが、Crystal Tipsはコンプライと同じフォームタイプでありながら、それよりも高性能・長寿命を謳うイヤーピースとして結構前から話題でした。
この記事が書かれた時点での価格は10ポンド(約1270円)、日本への送料が3.30ポンド(約420円)となります。
支払い方法はPayPalかクレジットカードです。

コンプライシリーズより低価格で良いですね。ここ1年ほどでポンドがかなり安くなったのも購入動機の1つです
届いたら使用感をしっかりレビューしたいと思います。

Crystal Tipsの販売ページはこちらになります。

それでは。

金色に輝くミニミニケーブル・KINPIKA

IMG_6768
今回紹介するのは、最近人気のKINPIKAというミニミニケーブルです
Twitterを利用されている方・このブログに来ている方々ならば既にご存知だと思いますが、このミニミニは市販品ではなく、KOHさん(@audio_no_susume)が制作した物となります。
前回直接お会いした時に注文し、今回も直接会って受け取りました。

IMG_6770
まずは外観を見ていきましょう。
ケーブルは金メッキが施されており、そこからKINPIKAという名前になったそうです。とても高級感があります。
またこのケーブルですが、針金の如く硬いので取り回しは悪いです。逆にフニャフニャせず固定されるという利点がありますね。

IMG_6769
プラグですが、折角なので1350円/個で売られていたロジウムメッキプラグで制作をお願いしました。という訳なので普通のKINPIKAとはプラグが大きく異なっています。
カーボンが非常に美しいです。カーボンプラグが大好きになってしまいました。
当然価格は変動しますが、自分好みのプラグで注文することが出来ます。気になる方は是非KOHさんに連絡してみるのも良いかもしれませんね。

IMG_6772
皆さんご存知の通り、現在DAPと呼べるものがありません。そこが本当に残念です…。
Aune B1はしばらくぼっちになります笑

IMG_6771
それでは音の感想に入りましょう。
Aune B1に付属しているミニミニを基準として比較します。
直接会ったということもあり、通常版のKINPIKAも聴かせていただいたので、それとも比較をしていきたいと思います。
DAPは無いのでiPhone 6s Plus→Aune B1付属のミニミニ又はKINPIKA(本製品)→Aune B1→EARTECH MUSIC Dualという視聴環境で聴きたいと思います。

【Aune B1付属】
低音が豊かです。高音は柔らかめです。
少し音がぼんやりとしていて解像度は低めのように感じます。

【KINPIKA通常版】
引き締まる低音、伸びる高音が特徴的です。
ボーカルも質が高いですね。
解像度が高く若干派手な音ですね。
3000円台のミニミニとしてはかなりレベルが高いです。

【KINPIKAロジウムメッキプラグVer.】
通常版に比べて低音が減りますが、高音の煌びやかさがかなり増しました。
ボーカルも聴いていて、更に気持ち良くなった印象です。
解像度もこちらの方が少し高く、全体的に高音寄りのサウンドです。

比較は以上になります。
Aune B1付属が最も低音が多く感じましたね。しかし好きな音なのは圧倒的にKINPIKAです。
ケーブルの素材によって音が変わるのは分かっていましたが、プラグを変えただけでも大きく変化が出て本当に驚くばかりです。 
iPhoneでもかなりの違いが出たのですから、ちゃんとLINE OUT出力出来るDAPだと違いはもっと大きいんでしょうね。

個人的には、とても良い買い物をしたと感じています。
KOHさん、本当にありがとうございました!
KINPIKAの説明及び申し込みページはこちらになります。

それでは。

Co-Donguri 雫を買いました。

我慢が出来ず、遂に買ってしまいました。
IMG_6701
今回購入したのは、茶楽音人のCo-Songuri 雫 Silver Moonです。
購入理由は家用にイヤホンが欲しいと思ったからです。
カスタムIEMのETM Dualだと寝ホンすると2pinコネクタが曲がって大変危険なので、何か欲しいと思っていました。
いやでも既に色々持ってるじゃんと思われるでしょうが、現在カナル型は1つも持っていないんですよね…(X10とLZ A3は売却予定)。
そこで安くてそれなりに良いのを買おうかなと。
いつものようにHCKからRayAudio RA01でも買おうかなと思っていたのですが、LZ A3の件(後述)もあるので試着出来るイヤホンから選ぼうと思いました。

LZ A3の件ですが、私は随分複雑な耳穴の持ち主のようで、ユニバーサルイヤホンが全然フィットしないんですよね。今まで満足にフィットしたのはX10位です。
LZ A3は装着感に難がある形状をしているので、私の耳穴に入る訳がありませんでした。

ヨドバシで色々試聴・試聴した結果、こどんぐりが1番装着感がマシ(フィットはしない、家ようなので別に良いかなと)だったので購入に至りました。

それでは開封をしていきたいと思います。
IMG_6704
内容物は本体、SpinFit白軸(S, M, L)、説明書です。
ケースは付属していません。本体の仕上がりにコストが掛かってそうなので仕方ないところではあります。

次は本体をよく見ていきましょう。
IMG_6705IMG_6706
筐体は金属で出来ていて、5000円以下とは思えない高級感を醸し出しています。
お尻には通気口がありますね。
L側に突起があるので暗い中でも左右の判別がしやすくて良いですね。X10には無い利点です。

IMG_6707
ケーブルは布製ではないですが、まるで紐のような質感と触り心地です。
癖が出来る様子も全く無く、取り回しもかなり良いです。本当に5000円以下なのこれ…。

普通の装着の仕方だとフィットしませんでした。耳掛けするとそれなりにフィットしました。
耳掛けするとタッチノイズが無くなりケーブルの質の高さを感じます。

音はまだレビュー出来る程聴き込んではいませんが、心地良い音だと感じます。
低音が少ないイヤホンばかり買っているので、こどんぐりの低音が多く感じます。
ETM Dualより能率が低いのには驚きました。まぁあれはイヤモニですからね。
能率が低いと出力の高いAune B1でもボリュームを更に上げる事が出来ます。

レビューはまた今度。それでは!

初めてのカスタムIEM

遂に…遂に届きました!私のカスタムIEM!

image
ドドン!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

メーカーはEARTECH MUSICです。日本ではほとんど馴染みは無いと思います。
EARTECHはアメリカの補聴器メーカーで、補聴器を製作する傍らアーティスト向けのカスタムIEMも作っています。
カスタムIEMのラインナップはDual (2BA), Triple (3BA), Quad (4BA)があります。
そして、今回私がオーダーしたものはDualとなります。

日本にはEARTECHの代理店は無いので当然個人輸入ということになりますが、実は私自身が個人輸入をした訳ではないんです。
4月にEARTECHを私に紹介して下さっただたろうさん(@goma_sio_san)に依頼させて頂きました。
今回は本当にありがとうございました!

ポタフェス東京にてオーダー&支払い。
そして以下が進捗の様子です。

7/17 オーダー

7/27 連絡
EARTECHが参加するSummer NAMM Show(アメリカで開催される楽器ショー)で多くの注文が入ったため数週間遅れるとのこと

8/31 カスタム完成・発送?

9/2 日本に到着?

9/7 受け取り

日数にして52日。長かった… ※カスタムにしては早い方です
納期の早さが魅力的だったのでオーダーしたのですが、予想外の出来事でそれなりに掛かってしまいました…笑
逆にその数週間の遅れが無ければかなり早いと思います。

さて、それでは開封と参りましょう。
付属品はペリカンケース、乾燥剤、クリーニングツール、クリップ、カード、そしてTシャツ(!)です。色々と付いてきますね。

image

image
デザインはシェルをElectric Blue, フェイスプレートをCrystal Clearにしました。
私は中身が見えるデザインが好きなのでこのような組み合わせとなりました。心配していたドライバの配置も問題無く、
美しく見えます(ドライバの配置にも拘るのかよ…)
仕上がりはですね…右耳はとても綺麗なのですが、左耳のシェルの中に細かいゴミが入ってたのはちょっと残念…。
ロゴを付けるオプションは無料なのにもかかわらず、印刷ではなく彫られていたのにはおおっとなりました。

image
2BAの割には結構高さのあるシェルですね。耳からはみ出ます。
これは自分の耳穴が小さいのが理由かもしれないです。

image
採用されているドライバは低域にKnowles CI, 高域にSonion 2389だと思われます。
※目視により低域にKnowles CI22955, 高域にSonion 2389を採用していることが確定しました(9/18追記)
ドライバに詳しい方、自作erはおっ!と思ったのではないでしょうか?そうです、このドライバ構成はあのUE5Proと同じです。
Dualを聴いた人達も音が5Proと似ていると言っていました

さて、早速装着…

…ん?全然フィットしない…
遮音性はそこそこあるけど音がスカスカだ…
私はかなり焦りました。
しかし、長時間付けていると、だんだん耳の方が馴染んできて、フィットしないという感じも無くなってきました。
まだ完璧とまではいきませんが、この調子ならリフィットに出したりコンプライを装着する必要は無さそうです。

ちなみに、私は閉口状態でインプレッションを採ってもらったのですが、緩いなどのフィット感の問題はありませんでした。カスタムを付けながら口を開けても痛くなるという事は全くありませんでした。
ですのでインプレッション採取時の口の状態は別にこだわる必要は無い、というのが今回の結果です(あくまで私個人の場合です)。

音はどんな感じかというと、低音がX10より多く、解像度が高いという以外はいい点を感じられません。音が篭りますし。
しかし、先達曰く長時間エージングすれば鳴らし始めよりかなり良くなると口を揃えて仰られたので、今後の変化が楽しみであります。

今回はここまでです!カスタムIEMとはどのような物なのか、だんだんと分かってきた気がしますw

ではでは!
image
Twitter プロフィール
DAP:AK70 True Blue/Earphone:EARTECH MUSIC Dual, TFZ SERIES 5S, UE900S etc. 詳しくはツイフィールを見て下さい→https://t.co/m60JwKrvcN 『こばや〜んのオーディオブログ』更新中! 無言フォロー失礼します
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索