購入報告

遂に据え置き進出か?TUBE 01J LIMITED

低価格高品質のデジアンなどを売っているNFJさんが、以前あっという間に売り切れてしまったTUBE 01J LIMITEDを再入荷したというニュースを聞き、ちょうどお金もあったので販売ページに張り付き…

販売開始後光の速さでゲットしました。

いやー本当に危なかったです。
数分後には売り切れてましたもん。
特にこの限定仕様版はもう増産はしないようで、かなり貴重な存在といえます。

というわけで、

IMG_8908

届きました!

箱を開けると中には本体、真空管、そして説明書という極めてシンプルな内容物が入っていました。

IMG_8910

流石、なかなかの質感の高さです。

IMG_8911

真空管を装着してみました。カッコいいですね。

…しかしいざ聴こう、と思ってもそれはできなかったり。
というのも、実はDAC・パワーアンプはおろか、01Jを駆動するための電源すら持っていません(オイイ!
電源が別売りなのは当然知っていたのですが、予算オーバーしちゃって…。
まあ結局DACとパワーアンプを買わないといけないのですが。

でもDACはDAPで、パワーアンプとスピーカーは今使っている安コンポで代用できそうですね。

ただやはり音を聴けるのが遠い先なのは確かです笑


それでは。

Shanling M2sがやってきた ~到着編~

2週間連続のIYH第2弾です。
(来週は)ないです。

やっと…やっと買えました。
Shanling M2sです。

IMG_8678

今までDAPにサブとか考えない人間だったのですが、2段で運用してきて思ったんです…

重いな

と…笑

充電するにも手間かかるし熱いし持ち運びも気軽にできない等色々な理由があったんですよね。
DAPだけ外せばいいじゃんと思うかもしれませんが、付けては外し、付けては外しって結構面倒なんです。
だから、今度こそはアンプを重ねない前提のDAPを買おう、となったわけです。

M2sとの出会い
M2sを初めて見たのは春のポタ研の時でした。
イベントがある時はいつも寄っている伊藤屋国際さんのブースに行くと、様々な新製品と共にM2sが並んでおりました。

M5をロストした悲しみからしばらくShanlingからは離れていたのですが、ちょうど少し気になっていたのもあり、手持ちのmicroSDで試聴してみることにしました。

…見事に一耳惚れしました笑
当時の曖昧な記憶なのでアレですが、低音の押し出し感が強く、高音もはっきりと出ていたのでかなり好みでした。

以来、欲しくて欲しくて資金が貯まるのを待っていました。
途中思わぬ出費(この前のE3000は含まない笑)ができて資金を貯め直さなければならなかったり…。

そしてようやく、発売から4週間あまり、ようやくそれを手にすることができました。

ヨドバシで買ったのですが、若干発売日が遅れた代わりに初回限定版となっていたので、そこを狙いました。
価格はそのままでケースと保護ガラスが付いてきます。

IMG_8661

付属品
私が購入したのは初回限定版なので、おまけを除いた付属品を見ていこうと思います。

IMG_8663

本体の他に、USB Type-Cケーブル、保護フィルム×4、説明書、クイックスタートガイド、保証書、USBカードリーダー、そしてジャックのキャップが付いてきます。
この構成は今までのShanling製品と同じですね。

低価格DAPっぽく感じない質感
今までのShanlingDAPはどうしてたんだと思うほど質感がいいです。
M2、M5は背面のカーボン模様が安っぽかったし、M1は価格なりとはいえあまり良いとは思いませんでした(M3はよく知らない)。
しかしM2sは最近のiPh◯neのごとく綺麗な丸みを帯びた筐体で、ガラスも非常に綺麗です。

IMG_8676

ボリュームダイアルも品質が高そうですし、従来機種よりかなり頑張っていると思います。

ケースもM1と同じく前面の画面占有率がM2、M3、M5より大きくなったので、側面と背面のみを覆うよくあるデザインになりました。
M2、M5のははっきり言ってダサかったですし…笑

しかし保護フィルム、保護ガラスはいただけません。
本体のガラスが曲面なので仕方がないですが、やはり全てを保護できないのは結構見栄えが悪いです。
なので自分は何も貼らないことにします。

全体的に完成度の高いDAP
3ヶ月待った甲斐があると感じるくらい、良いDAPだと思います。
これから聴き込んでいきたいと思います、
外見編、音質編は後日別の記事で書くという感じですかねー。


それでは。

E3000が届きました。

臨時収入が入ったので衝動買いしてしまいました。

IMG_8602

final E3000です。
今回で所持8本目のイヤホンになります。

E2000とE3000
finalの新製品であるE2000と3000が発売された当初、試聴した感じだと圧倒的にE2000の方が好みでした。
E3000は2000に比べて篭っているし、ジャズやクラシックくらいにしか合わないな〜という印象でした。

しかし以前改めて2機種を比較してみると、試聴機のエージングが進んでいたのか最初に抱いた印象とは大きく離れていました。
2000と比べるとやはり篭って聴こえるものの、音場の広さと解像度の高さにハッとさせられたんです。
買うとしたらE2000でしたが、これを機にE3000に購入対象を変更。そして今に至るというわけです。

アラウンド5000円とは思えないほど充実した付属品

IMG_8603

5000円ほどのイヤホンにしては付属品が充実していると思います。
イヤホンポーチがあるだけでも充実していると感じているのに、なんとイヤーフックまで付いてきます。
これ自体の評価もかなり高いだけに、単体で買うと結構高いのでこういうのはありがたいですね。

イヤーピースも5ペア(おそらく5サイズ)とかなり多めです。

とても小さく耳奥まで入る筐体

IMG_8607

ダイナミック型とは思えないほど筐体が小さいです。

IMG_8612

同社のFシリーズほどではありませんが、それでも小さいと感じます(1円玉と比べると分かりやすいかも)

IMG_8609

背面を見るとたくさんの穴が空いています。
一見オープンエアーのイヤホンに見えますが、標準的な遮音性と対音漏れ性能は備えています。

IMG_8610

次はフィルターを見てみましょう。
よくある金網のようなフィルターではなくとてもきめ細かいです。

筐体の加工・質感はとても良いのですが、ケーブルとの接合部分の耐久性が若干怪しいように見えました。
もしかしたら見かけによらず頑丈なのかもしれませんが。

IMG_8611

ケーブルは価格なりだと思います。
しかしベタベタとしたゴムではなくとてもサラサラとしています。
とても細いので扱いには注意した方が良さそうです。

全体的に完成度が高い
まだよく聴けていないので音のレビューはまた今度になりますが、外見や付属品などを見ても非常に良いイヤホンだと思います。
エージングで結構音が変わるそうなので、そこも含めてこのイヤホンの成長が楽しみです。


それでは。

HCKからケーブルが届きました。

Shanling M2sを買おうと貯金中、HCKが2周年記念セールをやっていて値引きが大きかったのでつい買ってしまいました。

IMG_8538

銅&銀のハイブリッド8芯ケーブルです。
何気に半年以上ぶりのHCKからのオーダーでした。
革製ケーブルホルダーもおまけでつけてくれたみたいです。感謝

IMG_8578

販売サイトを一目見てビビっときたのですが、実物もやはり美しいですね。
綺麗な編み込みですし、分岐やスライダーやプラグもアルミ製で質が高いです。

IMG_8580
IMG_8581
IMG_8582

しかし予想外だったのがその太さですね。
8芯とのことなので結構太いのかな〜〜〜と思っていたのですが、いざ実物を見るととても細かったです。

IMG_8583

4芯のPW Audio No.5(写真上)と比べるとその細さが分かると思います。

IMG_8579

MMCX端子はかなりコンパクトで好印象。
ただしLRの印刷の向きが左右バラバラなのは中華クオリティです
あと結構着脱は固めです。
装着にも一苦労ですが、外すのは更に大変でした。

IMG_8539

手持ちでは唯一のMMCXイヤホンのUE900Sに装着してみました。
比較するイヤホンもなければケーブルもないので音質の評価はできませんが…笑


それでは。

NuForce HEM1を買いました。

またイヤホン買ってしまいました…。

IMG_7642
NuForce HEM1です!

やけに発表直後から評価が高かったのと、私の大好きな青色もあるということで気になり、試聴。
そしたらいつの間にか買っていました。

IMG_7643 
しばらく聴いてみます。


それでは。

新しいノートパソコンがやってきた!

やりました。私も遂に自分専用のPC持ちです。

今まで使っていたのは家族共用のパソコンでして、低スペックでなにをするにも激遅。正直使い続けることに嫌気がさしていました。

しかし大学でもレポート作成など外に持ち運ぶ機会も増えるはず、そう思って買ったのが…。

IMG_7617
LG gram 14です。

IMG_7619
14インチなのに重さはたったの970g。とても軽いです。
SSD、メモリ8GB、CPUもCore i7世代なので今までとは段違いです。
ハードディスクじゃないので起動も早く、前のには戻れませんw

勉強に使うのはもちろんですが、インターネットも活用していきます。ブログもこれからはこれで書いていきたいと思います。


それでは。

Trasam HA2-Pro Extreme Versionがやってきました。

過ちは繰り返すーーー。

以前Aune B1を手放し、AK70をメインDAPにしてからというもの、ポタアンは買うまいと思っていたのですが…。

IMG_7459
やってしまいました。
高コスパ高音質で最近話題のTrasam HA2 Proを買いました。
Twitterでお世話になっている小倉 彬さんから譲って頂いたものになります。

なぜまたポタアンを買うようなことをしたかというと、ぶっちゃけAK70のパワーに不満があったからです。
というのも、BAイヤホンだと相性が良いのですが、D型イヤホンやヘッドホンだとパワーが足りないのか満足できない音だと感じたからです。
そこでポタアンを使ってパワー向上を図ろうかなと…笑 愚かだと思っても構いません。

ちなみにTrasam HA2シリーズ、オペアンプが交換できちゃいます。なので購入者は皆オペアンプを自由に交換して音の違いを楽しんでいるご様子。

実は小倉さんに「AK70に合いそうなオペアンプを選んでくれないか」と無茶振りな要求をしたのですが、小倉さんは快く引き受けてくれました。ありがとうございました。
というわけで私が譲って頂いたHA2はオペアンプ交換済みです。全てOPA1622に換装されています。

果たしてAK70とどのような反応を起こすのか…。楽しみです。
ファーストインプレッションもすぐに投稿する予定なので、そちらもよろしくお願いします。


それでは。

新しいミニミニケーブルがやって来ました。

お久しぶりです。
大学の入学手続きも大体終わり、大学生活に向けての準備が始まりました。
今は自動車免許を取るために教習を受けているんですが、将来乗ることのないであろうMTを選んでしまったことを後悔しています…w

それはさておき、Twitterで前からお世話になっているぜろさんのミニミニ・Velaがやって来たので紹介したいと思います。

IMG_7381

外見レビュー
Velaの線材は銀メッキ銅線で、芯数は8本です。1本1本が細いのでそこまで太くはありません。

IMG_7383
ケーブルを近くから見るとこのような感じです。銀色のケーブルが輝いていますね。綺麗に編まれているのが分かると思います。
結構柔らかいので、簡単に曲がります。気になる点は少し曲げグセが付きやすいことですかね。

IMG_7385
プラグはロジウムメッキ処理が施されたカーボンプラグです。やっぱりカーボンプラグはデザインが良いですよね。

KINPIKAとの比較
次は私が元々所持しているミニミニ・KINPIKAと比べてみたいと思います。ご存知の通りKINPIKAはKOHさんが作成したミニミニケーブルとなります。

IMG_7387
まずは2本を並べてみました。
KINPIKAは結構短めに作って頂いたので、Velaとの長さの差がはっきり出ていますね。
プラグはどちらも同じです。
KINPIKAの方は針金のように硬いところがVelaと最も異なる点だと思います。

何気に金と銀が揃っていて良いですよね…笑

柔らかさの違いは伸ばしてみるとよく分かります。
試しにAK70に伸ばした状態で挿入、立ててみました。
 
IMG_7388
するとKINPIKAは自然に曲がる気配は全くありません。バリカタを通り越してハリガネです笑
 
IMG_7389
一方Velaは(長いからというのもありますが)自重で曲がりました。

まとめ 
今は接続するものがないので、まだ音のレビューをすることはできません。なので出来るだけ早く家電量販店でポタアンと接続して聴いてみたいです。その時にKINPIKAとの比較が出来たらなぁと思っています。
接続するものがないのに何故買ったのかというと、ちょうど買うタイミングが出来たことと、早くKINPIKAと並べてみたかったからです。繋げるものも近いうちに買いたいですね…。


それでは。

AK70 True Blueがキタ

やっと…やっと買えました…!
IMG_7098
ずっと欲しかったAK70 True Blueです!
1年前にAK Jrを買って、その操作性に不満を持って色々DAPを買い換えた私…。
ようやくずっと使いたいと思える物を買えました。多分DAP探しはこれで終わるはずです。

ファーストインプレッションとレビューはまた今度。

それでは。

TFZ SERIES 5Sが届きました。

IMG_6971
注文から約半月。ようやく届きました。中国の税関を出てから日本に着くまで随分と時間が掛かりました。
みんな大好き(?)HCKで購入したのですが、プライスはなんと○○○○円!公開してはいけないと口止めされるほど安いです。価格はHCKに聞けば教えてくれると思います。

TFZですが、国内でもe☆イヤホンでSERIES 1/3/5が販売されていますね。ですが私が購入したのはまだ日本では販売されていない5Sというモデルになります。
5との違いは筐体の素材と音のチューニングです。5は黒い筐体だったのが、5Sでは中身が見える紫色のプラスチックになりました。

IMG_6972
イヤホンにしては随分と大きな箱です。中華イヤホンの中ではかなりの高級感があるのではないでしょうか
説明書は日本語対応。翻訳も割と正確です。

IMG_6973
 付属品はシングルフランジのイヤーピースが3サイズ、ダブルフランジが1ペア、フォームチップが1ペア、耳掛けフック、クリップ、イヤホンをまとめるやつ(?)、ケース、メンバーシップカード、保証書でした。

まずはエージングも兼ねて音質を確かめてみます。いつものようにファーストインプレッション及びレビューはまた後日。

それでは。

数年ぶりのPCDP!

どうも、お久しぶりです。書くことが無くて2週間ぶりの記事となってしまいました…。
あとTwitterですが、この前の模試の結果があまりにも酷かったのでまたやめることにしました(ほんとぉ?)。国語と日本史は着実に上がってきているんですがね…英語がどうも良くないようで。ただ、もう1つやった模試では英語の結果も良かったです。

そんなことはさておき、私、遂にPCDPにも手を出しました!
まぁ10年ほど前にも安いものを所持していたんですがね…。すぐに壊れてしまってからは今まで何も買っていませんでした。
しかし、Twitterをしばらくやっていると、昔のPCDPを所持している方を多く見掛けました。
そして私も触発され、やったことのないオークションを開きました。
すると、たくさんのPCDPが意外と高値で取引されているではありませんか。美品で1万円以上もするのもあって驚きました。
家電量販店で売られているのにもしようと1度は考えたのですが…SONYなど有名な会社ではもう出していないんですよね…。
オークションの話に戻り、目欲しいものが3〜4000円と高くて手を出しにくかったんですが、ある日動作品で1000円ちょっとで出品されているのを発見。すぐに入札しました。
争奪戦になるかな…と思っていたのですが、何故か私以外の誰も入札せず。人気がない機種なのか運が良かったのかは知りませんが、とにかく落札できました。

IMG_6954
そして届いたのがこの機種、PanasonicのSL-S270です。
オーオタになってからは初めてのPCDP。これからが非常に楽しみです。
ファーストインプレッションとレビューはまた後ほど。

それでは。

トリプルコンフォートイヤーピースを買いました。

IMG_6913
先日買ったCrystal Tipsが全く役に立たなかったので急遽購入。NW-A35を買った時のポイントで買ったので実質無料です。

IMG_6914
 左がトリプルコンフォートイヤーピースで、右がCrystal Tipsです。
トリプルコンフォートイヤーピースはスポンジっぽいというよりはグミみたいな感じです。ブヨブヨしています。そしてゴム臭いw

早速こどんぐりに装着して耳に突っ込んでみたところ、まあ悪くない装着感を得られました。やはり自分の特殊な耳穴にはあまりフィットしませんでしたが、SpinFitよりは幾らかマシです。
外で使ってみても特別遮音性が良い訳ではなかったですが(基本的に私は外の雑音が大嫌い)、音楽を流してしまえばそれほど雑音は気になりませんでしたね。音がダイレクトに伝わっているんでしょう。

取り敢えず、こどんぐりのイヤーピースはこれに落ち着きました。

ありがとうございました。 
Twitter プロフィール
DAP:AK70 True Blue/Earphone:EARTECH MUSIC Dual, UE900S etc. 詳しくはツイフィールを見て下さい→https://t.co/m60JwKrvcN 『こばや〜んのオーディオブログ』更新中! 無言フォロー失礼します
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索