オーディオ

Shanling M2sをいろいろ撮ってみた ~外見・UI編~

久しぶりの投稿です。

今回はShanling 2sの外見などを写真と共に見ていただければと思います。

低価格DAPらしからぬ質感
以前のShanlingのDAPは音は良くても質感がイマイチ…という箇所がいくつかありました。
M1から両面ガラス張りになったので少しは良くなったのですが、側面のアルミ部分があと一息な感じでした(個人的見解)。

しかしM2sからアルミ部分の加工精度がグンと上がった気がします。
角ばっていた従来機とは違い、丸みを帯びたフォルムです。
それもさながらiPh〇neのようです笑

IMG_8664
前面です。
ガラスで覆われていて綺麗です。

IMG_8665
背面もガラスで覆われていて、ガラスの下の青色が鮮やかに映ります。

IMG_8666
左サイドには曲送り/早送り、再生/停止、曲戻し/巻き戻しのボタンとmicroSDカードスロットがあります。

IMG_8669
右側にはShanlingのDAPの大きな特徴であり共通点でもあるダイアルがまず目に入ります。
その下には戻るボタンもあります。
ちなみにダイアルの回転はボリューム調節の他に選択も兼ねています。
またM1同様、ダイアルを押し込むことによって決定するという役割もあります。

IMG_8672
上部には電源ボタンがあります。

IMG_8670
下部にはUSB Type-C端子と3.5mmイヤホンジャックがあります。
M1からType-Cになったんですよね。最近はAKやCayinのDAPもそうですし、これからはDAPも端子が変わっていくんでしょうね。

IMG_8679
今のメイン機であるAK70と並べてみました。
高品質なパーツを内蔵しているにもかかわらず、結構コンパクトなのが分かりますね。

IMG_8680
(青はやはりいい…)

ちなみにAK70と単体だけで比べますとM2sの方が厚いです。

使いやすいUI
Shanlingでは初代M2からM5、M1、M2sとほぼ共通のUIを採用してきました。
少ないボタンで操作できるよう最適な設計がされていますが、当然M2sにもそれが活きています。
またM2sはM5と同じ画面サイズ、解像度なので非常に綺麗です。
AKと並べても発色等レベルがたかいです。
高解像度なのは中華DAPでも珍しいと思います。

IMG_9004
まずスリープ状態から電源ボタンを押すとこのような表示が出ます。
これはM1から増えた機能で、現在の時間とバッテリー残量、再生中の曲を知ることができます。
もう一度電源ボタンを押すことで操作できる画面に飛ぶことができるのですが、余分に電源ボタンを押さなければならないので私はこの機能は嫌いです(オイ
この画面が出ている状態で戻るボタンを押せば即座にスリープ状態に戻ります。
押さなくても数秒でスリープに戻りますので、まるでスマホみたいです。

IMG_9006
これがホーム画面です。
よくある中華DAPと同じくメニューが並んでいますが、Shanlingでは再生中の曲のアートワークも表示されるのでカッコいいです。

IMG_9010
再生中の画面です。
縦長画面なのでアートワークをフルサイズで見れます。
高解像度なのもあって綺麗に映るのもいい感じ。
ダイアルを長押しすると再生メニューを選ぶことができます。

IMG_9009
IMG_9008
設定項目も豊富です。
個人的にはスリープから立ち上げたときのアレを無くせるようにしてほしかったところ。


片手で完結する操作性はとてもよくできていると思います。
しかし使いこなすには若干の慣れが必要ですね。
タッチパネル操作ではないのでそこは仕方ないと思います。
しかし、タッチパネルでないといった理由で敬遠してる方にこそ体験してほしいUIです。
慣れればボタン操作なんてなんとも感じなくなります。
試しに量販店等で触ってみることをおすすめします。

M2sは音も良いのでおすすめです。
音質についてはまた今度書きたいと思います。


それでは。


遂に据え置き進出か?TUBE 01J LIMITED

低価格高品質のデジアンなどを売っているNFJさんが、以前あっという間に売り切れてしまったTUBE 01J LIMITEDを再入荷したというニュースを聞き、ちょうどお金もあったので販売ページに張り付き…

販売開始後光の速さでゲットしました。

いやー本当に危なかったです。
数分後には売り切れてましたもん。
特にこの限定仕様版はもう増産はしないようで、かなり貴重な存在といえます。

というわけで、

IMG_8908

届きました!

箱を開けると中には本体、真空管、そして説明書という極めてシンプルな内容物が入っていました。

IMG_8910

流石、なかなかの質感の高さです。

IMG_8911

真空管を装着してみました。カッコいいですね。

…しかしいざ聴こう、と思ってもそれはできなかったり。
というのも、実はDAC・パワーアンプはおろか、01Jを駆動するための電源すら持っていません(オイイ!
電源が別売りなのは当然知っていたのですが、予算オーバーしちゃって…。
まあ結局DACとパワーアンプを買わないといけないのですが。

でもDACはDAPで、パワーアンプとスピーカーは今使っている安コンポで代用できそうですね。

ただやはり音を聴けるのが遠い先なのは確かです笑


それでは。

たろさんからミニミニが届きました。

Twitterでお世話になっているたろさん(@Ultimaudio)さんの応募企画に見事当選しまして、数日前届きました。

IMG_8894

綺麗ですね。
このミニミニの芯材は銀メッキ 6N OCC、芯数はなんと24本です。
24芯なんて驚きですが意外と太くなく、非常にしなやかに曲がります。

手持ちと比較
手持ちのBriseAudio OSAFUNEと並べてみました。

IMG_8895

Briseのミニミニは見た目は太く見えますが、実際の中身は細く硬い芯が入ってるだけです。
芯の太さでいえばたろさんミニミニの方が太いです。
非常に硬いOSAFUNEに比べ、たろさんミニミニの方は割と自由に曲げることが可能です。
非常に便利。

1番気になるは音質。
OSAFUNEとどう違うかが気になります。

・OSAFUNE
やはり初めてミニミニの大切さに気付いたミニミニなだけあって、音の完成度は非常に高いです。
まず1番最初に感じるのが解像度の高さ。
ハイハットなど高音が目立つためそう感じてしまうのかもしませんが、とにかく僅かな音も拾ってくれるほどの音の細かさです。
僅かに冷たい感じの音です。

・たろさんミニミニ
低音の押し出しが増えたのが分かります。
それでいて解像度があまり変わらないのもなかなか恐ろしいです笑
冷たい感じのOSAFUNEよりこちらの方が若干温かみがあります。
音も丸みを帯び聴きやすい音質に。
ボーカルも若干前に出るようにもなりましたね。
OSAFUNEの中域と低域をもっと出したらこんな音になるんだろうなぁという音。

まとめ
いきなり本当の事を言ってしまうと、よーく聴き比べないと音の違いが全然分からなかったですw
それほど優秀なミニミニなんでしょうなぁ。
このような素晴らしいミニミニを手に入れられて、本当に感謝です。
スリーブも私の希望に沿ってくれましたし(相変わらずの青好き)
大事に使っていきたいと思います。

IMG_8896


それでは。

Shanling M2sがやってきた ~到着編~

2週間連続のIYH第2弾です。
(来週は)ないです。

やっと…やっと買えました。
Shanling M2sです。

IMG_8678

今までDAPにサブとか考えない人間だったのですが、2段で運用してきて思ったんです…

重いな

と…笑

充電するにも手間かかるし熱いし持ち運びも気軽にできない等色々な理由があったんですよね。
DAPだけ外せばいいじゃんと思うかもしれませんが、付けては外し、付けては外しって結構面倒なんです。
だから、今度こそはアンプを重ねない前提のDAPを買おう、となったわけです。

M2sとの出会い
M2sを初めて見たのは春のポタ研の時でした。
イベントがある時はいつも寄っている伊藤屋国際さんのブースに行くと、様々な新製品と共にM2sが並んでおりました。

M5をロストした悲しみからしばらくShanlingからは離れていたのですが、ちょうど少し気になっていたのもあり、手持ちのmicroSDで試聴してみることにしました。

…見事に一耳惚れしました笑
当時の曖昧な記憶なのでアレですが、低音の押し出し感が強く、高音もはっきりと出ていたのでかなり好みでした。

以来、欲しくて欲しくて資金が貯まるのを待っていました。
途中思わぬ出費(この前のE3000は含まない笑)ができて資金を貯め直さなければならなかったり…。

そしてようやく、発売から4週間あまり、ようやくそれを手にすることができました。

ヨドバシで買ったのですが、若干発売日が遅れた代わりに初回限定版となっていたので、そこを狙いました。
価格はそのままでケースと保護ガラスが付いてきます。

IMG_8661

付属品
私が購入したのは初回限定版なので、おまけを除いた付属品を見ていこうと思います。

IMG_8663

本体の他に、USB Type-Cケーブル、保護フィルム×4、説明書、クイックスタートガイド、保証書、USBカードリーダー、そしてジャックのキャップが付いてきます。
この構成は今までのShanling製品と同じですね。

低価格DAPっぽく感じない質感
今までのShanlingDAPはどうしてたんだと思うほど質感がいいです。
M2、M5は背面のカーボン模様が安っぽかったし、M1は価格なりとはいえあまり良いとは思いませんでした(M3はよく知らない)。
しかしM2sは最近のiPh◯neのごとく綺麗な丸みを帯びた筐体で、ガラスも非常に綺麗です。

IMG_8676

ボリュームダイアルも品質が高そうですし、従来機種よりかなり頑張っていると思います。

ケースもM1と同じく前面の画面占有率がM2、M3、M5より大きくなったので、側面と背面のみを覆うよくあるデザインになりました。
M2、M5のははっきり言ってダサかったですし…笑

しかし保護フィルム、保護ガラスはいただけません。
本体のガラスが曲面なので仕方がないですが、やはり全てを保護できないのは結構見栄えが悪いです。
なので自分は何も貼らないことにします。

全体的に完成度の高いDAP
3ヶ月待った甲斐があると感じるくらい、良いDAPだと思います。
これから聴き込んでいきたいと思います、
外見編、音質編は後日別の記事で書くという感じですかねー。


それでは。

E3000が届きました。

臨時収入が入ったので衝動買いしてしまいました。

IMG_8602

final E3000です。
今回で所持8本目のイヤホンになります。

E2000とE3000
finalの新製品であるE2000と3000が発売された当初、試聴した感じだと圧倒的にE2000の方が好みでした。
E3000は2000に比べて篭っているし、ジャズやクラシックくらいにしか合わないな〜という印象でした。

しかし以前改めて2機種を比較してみると、試聴機のエージングが進んでいたのか最初に抱いた印象とは大きく離れていました。
2000と比べるとやはり篭って聴こえるものの、音場の広さと解像度の高さにハッとさせられたんです。
買うとしたらE2000でしたが、これを機にE3000に購入対象を変更。そして今に至るというわけです。

アラウンド5000円とは思えないほど充実した付属品

IMG_8603

5000円ほどのイヤホンにしては付属品が充実していると思います。
イヤホンポーチがあるだけでも充実していると感じているのに、なんとイヤーフックまで付いてきます。
これ自体の評価もかなり高いだけに、単体で買うと結構高いのでこういうのはありがたいですね。

イヤーピースも5ペア(おそらく5サイズ)とかなり多めです。

とても小さく耳奥まで入る筐体

IMG_8607

ダイナミック型とは思えないほど筐体が小さいです。

IMG_8612

同社のFシリーズほどではありませんが、それでも小さいと感じます(1円玉と比べると分かりやすいかも)

IMG_8609

背面を見るとたくさんの穴が空いています。
一見オープンエアーのイヤホンに見えますが、標準的な遮音性と対音漏れ性能は備えています。

IMG_8610

次はフィルターを見てみましょう。
よくある金網のようなフィルターではなくとてもきめ細かいです。

筐体の加工・質感はとても良いのですが、ケーブルとの接合部分の耐久性が若干怪しいように見えました。
もしかしたら見かけによらず頑丈なのかもしれませんが。

IMG_8611

ケーブルは価格なりだと思います。
しかしベタベタとしたゴムではなくとてもサラサラとしています。
とても細いので扱いには注意した方が良さそうです。

全体的に完成度が高い
まだよく聴けていないので音のレビューはまた今度になりますが、外見や付属品などを見ても非常に良いイヤホンだと思います。
エージングで結構音が変わるそうなので、そこも含めてこのイヤホンの成長が楽しみです。


それでは。

HCKからケーブルが届きました。

Shanling M2sを買おうと貯金中、HCKが2周年記念セールをやっていて値引きが大きかったのでつい買ってしまいました。

IMG_8538

銅&銀のハイブリッド8芯ケーブルです。
何気に半年以上ぶりのHCKからのオーダーでした。
革製ケーブルホルダーもおまけでつけてくれたみたいです。感謝

IMG_8578

販売サイトを一目見てビビっときたのですが、実物もやはり美しいですね。
綺麗な編み込みですし、分岐やスライダーやプラグもアルミ製で質が高いです。

IMG_8580
IMG_8581
IMG_8582

しかし予想外だったのがその太さですね。
8芯とのことなので結構太いのかな〜〜〜と思っていたのですが、いざ実物を見るととても細かったです。

IMG_8583

4芯のPW Audio No.5(写真上)と比べるとその細さが分かると思います。

IMG_8579

MMCX端子はかなりコンパクトで好印象。
ただしLRの印刷の向きが左右バラバラなのは中華クオリティです
あと結構着脱は固めです。
装着にも一苦労ですが、外すのは更に大変でした。

IMG_8539

手持ちでは唯一のMMCXイヤホンのUE900Sに装着してみました。
比較するイヤホンもなければケーブルもないので音質の評価はできませんが…笑


それでは。

最近のお気に入り!NuForce HEM1レビュー

どうも…お久しぶりです…。

いやぁ…部活で忙しかったりして2ヶ月ぶりの更新になってしまいました…。すみません…。


長らくお待たせしました。ようやくのHEM1のレビューです。
買ってからあまりにも時間が経ちすぎたので、これが最終的な感想になりそうです。

そこそこ高級感のある見た目
まずは本体部分を見ていきましょう。

IMG_8375
プラスチック製ですが、綺麗な仕上がりです。裏側はメッキ風加工がされています。

IMG_8382
この機種、何気にリケーブル対応です。パッと見2pinなので手持ちのケーブルを挿そうとしたのですが、端子の太さが違い入れられませんでした…笑
凹凸のある端子なので、2pinの弱点であるピン曲がりも起きにくそうで良いですね。

IMG_8383
ケーブルは1万円大のイヤホンには見えない高級感が出ていると思います。
ALOのケーブルのような綺麗なシルバーです。
柔らかくて良いのですが撚りが甘いのが弱点ですね。
あと何気にかなり長いです。

装着性・遮音性の良い筐体デザイン
イヤホンにおいて私が最も重視する部分です。

IMG_8381
滑らかな流線型をしているので、SHUREよりも自分には耳に合います。
長時間付けていても辛くありません(ただし、私の場合フォームチップの時に限る)。

遮音性はシリコンイヤーピースでも高めだと思いました。
HEM1にはベントがあるのですが、それによる音漏れも外音の侵入も全く感じませんでした。
フォームチップにするとかなり高い遮音性が得られます。

また、ステムが細いからなのか、外がうるさくても音楽は真っ直ぐ耳の中に入っていきます。

高い実力を感じる音
シングルBAとは思えないほどの低音の多さをまず感じました。
高めの低音も低めの低音も太く出ています。まさかシングルBAで重低音が聴けるとは思ってなかった…。

中音域は割とスッキリですが、丸いです。柔らかくてスッと耳に入っていきます。

高音も丸く、あまり目立ちません。しかしそれが自然さ、聴きやすさを演出し、いいバランスでまとまってると感じました。

このイヤホンで低音に続き驚いたのが、解像度の高さです。
もちろんシングルBAなので音数が多い音源だと解像感は厳しくなりますが、それでも1つ1つの音がかろうじて分かります。かろうじてですら分からないイヤホンが同価格帯及びそれ以上のにたくさんあることを考えると、これは非常にポイントが高いです。

解像度の高いイヤホンに慣れた人がこれを聴くととんでもなくモコモコサウンドに感じてしまうと思いますが、しばらく聴いているとシングルBAらしい自然さ、そして解像度もそこそこあることに気が付くでしょう。
元気目な音ですが、聴き疲れも少ないです。

まとめ
じっくり聴くと粗も見つかったり物足りなかったり感じることもありますが、それでも価格以上の音だと思いました。
高レベルのイヤホンじゃないと満足出来なくなってしまった自分でも、最近はHEM1を使ってばかりです。
私の場合メインイヤホンにすることは出来ませんが、それでも高い実力を感じざるを得ません。

シリコンイヤーピースだと耳が痛くなってしまうので、Crystal Tipsに変えたところ、音も遮音性もフィット感も大幅に改善しました。セット購入をお勧めします笑

今の個人的なアラウンド1万円のオススメはこれですね!


それでは!

ZX2がやってきた...のでAK70と比較してみる

こんにちは。

もう2週間も前のことなんですが、AK70が突然壊れてしまいました。イヤホンジャックの故障でした。
AKの修理って結構時間が掛かるものなのでしばらくDAPが使えなくなるのがショックだったのですが...。

IMG_7602
友人がZX2を貸してくれました!
これには感激です。

...ちなみに修理に出したAK70は僅か2日で帰ってきました。多分最速だと思います。

折角なので、ZX2を返す前に両者で音質を比較してみたいと思います。

IMG_7657

ZX2
まずはこちらからいきたいと思います。

結構濃い感じの音ですね。
特に低音と中音が良いです。
低音はドッシリと構えていて、中音は量感が多く濃密です。
高音も細くなく、太いので弱々しさを感じません。
ギターの弦に触れる音など細かい音ははっきり聴こえますが、 分離感や解像度はそこまで高くないと感じました。
音場は広いです。
全体的にパワフルかつ上品な傾向だと思います。
ただホワイトノイズはかなりあります。

AK70
まずはAK70単体から。
やはりZX2と比べると音がやや薄く聴こえてしまいます。
ただ良い方に捉えるとすればすっきりしているということであり、ジャンルによってはこちらの方が合うこともあると思います。
低音の量感は十分にあるのですが、それでもZX2には劣りますし、質もZX2の方が上と感じました。
中音はスッキリ寄りだと思います。ZX2だとやや引っ込みがちか。
高音は引っ込むことなくしっかりと出ています。ただZX2と比べるとよく出ているので、目立ちすぎにも感じますね。
分離感や解像度はこちらも高いというわけではないのですが、スッキリした音なのでやや高めに感じます。
音場はそこまでは広くありませんが、狭いというわけでも全くないです。
全体的に元気な感じだと思います。

それでは次にAK70+Trasam HA2を聴いてみたいと思います。
低音から高音まで音圧がグワッと高くなり、音場も広くなりました。
細かい音も単体より拾うようになった印象です。
ZX2よりもスッキリでパワフル。正直これが1番好みです。

感想
どちらも良いところがあって面白かったです。
ZX2のような高額なDAPをじっくり聴けるのは結構貴重な機会だったり...w
とにかく本当に感謝です。とても楽しませていただきました。


それでは。
 

NuForce HEM1を買いました。

またイヤホン買ってしまいました…。

IMG_7642
NuForce HEM1です!

やけに発表直後から評価が高かったのと、私の大好きな青色もあるということで気になり、試聴。
そしたらいつの間にか買っていました。

IMG_7643 
しばらく聴いてみます。


それでは。

Trasam HA2 Proのオペアンプを交換してみた!

お久しぶりです。
大学生活まであと僅か。正直不安しかないですwwww
原付も無事手に入れることが出来たので、安全を心掛けながら活用していきたいと思います。

さて、今回は初めてのオペアンプ交換となります。
 
なぜオペアンプを交換しようと思ったか
Trasam HA2はその小ささからは想像できないパワー&音質で自分の評価はかなり高かったのですが、大きな弱点がありました。
それはポップノイズが大きすぎることです。
ヘッドホンや能率の悪いイヤホンはともかく、私の所持しているカスタム(高能率)だとポップノイズが非常に多く、電源やゲインを切り替えるとボンッッッ!」と内部のドライバーを破壊してしまうんじゃないかと思うほどの爆音が出ます。
また、抜き差しする時までも変わらず爆音で、電源を入れたままのイヤホンの抜き差しもままなりません。
このままでは耳にもイヤホンにも悪影響を及ぼしかねません。

原因は搭載しているオペアンプです。
私が譲ってもらったものはOPA1622が搭載されていて、これはオペアンプの中でもの特にポップノイズが大きいと言われています。
それがHA2のスロット(3つ)全てに搭載されているのですから、ノイズが小さいはずがありません。
まぁ元々OPA1622×3は私の希望だったのでアレですが…笑 ここまでノイズが大きいとは想定していなかったということで。

そこでお金もあることだし、折角なのでオペアンプを交換しよう!ということになり、急遽交換に必要な道具を購入。
そして全てが揃いました。
 
IMG_7525

オペアンプ交換
さぁここから比較をしていきたいと思います。
現在の手持ちは全部で6つ。OPA1688×2、OPA1622×3、MUSES02×1です。

次にHA2側の説明です。
まずはネジで固定されているので、2mm径の六角レンチで開けます。
IMG_7527

スロットは全部で3つです。右が前段、真ん中と左の2つが後段になります。
IMG_7529

オペアンプには極性があるので間違えないように挿入します。
ちなみにHA2の場合はバッテリー側に印を合わせれば大丈夫です

【OPA1622×3】
IMG_7530
これが従来の構成です。
ホワイトノイズは普通なのですが、上にも書いた通りポップノイズがかなり大きいです。高能率なIEMには向かないといえます。
音質は低音と高音がよく出るドンシャリです。
しかし中音も質が良く、ボーカルがかなり綺麗に聴こえます。
かなり元気な音で、ちょっと攻撃的です。
ドンシャリ寄りの万能型と言えるでしょう。本当にポップノイズさえなければ…。

【前段:MUSES02 後段:OPA1622】
IMG_7531
驚くことに、ポップノイズが激減しました…!
高能率なイヤホンでもノイズが気になりません。
音質はOPA1622×3よりもまろやかになりました。
低音がやや抑えられ、重低音も僅かに減りました。
低音の量感はそこまで変わりませんが、高音はかなり出てくるようになりました。
ボーカルは細く、ちょっと掠れ気味ですかね…。
ちょっと分離感というか、音が1つ1つ離れている感じはちょっと少なくなってしまいました…。
高音寄りの音ですね。MUSES02に低音を期待していた私は少し驚きました。また少しうるさいかもしれません。

【前段:MUSES02 後段:OPA1688】
IMG_7533 
こちらもポップノイズはかなり少ないです。
ホワイトノイズは上2つの組み合わせより多いです。しかしそこまでは気になりません。
音質はOPA1622×3と似ています。
低音が豊か。しかしややボワつく低音です。
ボーカルは僅かに引っ込みますが、元気があります。
高音は丸くなりました。伸びは少しですね。
解像度はそこまで高くはありません。
低音寄りの音です。聴きやすい音と感じます。

【前段:OPA1622 後段:OPA1688】
IMG_7532
爆音ポップノイズ再び。もちろんIEM向きではありません。
ホワイトノイズはやや減りました。
音質はバランス型です。
低音は引っ込み、ボーカルが相対的に出てきたと感じます。
高音は普通ですね。そこそこハッキリしています。
こちらも聴きやすいです。しかしポップノイズが大きいので即却下です。

【前段:OPA1688 後段:OPA1622】
IMG_7534 
ポップノイズがかなり小さいことに驚きます。全ての組み合わせの中で最も小さいです。
しかしホワイトノイズが最も大きいです。ローゲインでも僅かに聴こえてしまいます。
音質はかなり優しいです。
ボーカルがよく目立ち、それでいてソフトです。
低音と高音はやや引っ込みますが、しっかり聴こえています。
全体的にソフトで滑らかです。ボーカルを聴きたいならこれ。

どれをメインにするか
比較の結果、音質に関してはどれも特徴がありました。
長所もあれば短所もある。使い分けもアリかな〜笑(抜き挿しが面倒ですが)
しかしOPA1622を前段に置くのはやはりダメです。よって前段にOPA1622がある組み合わせでは二度と聴きません。

考えた結果、前段MUSES02・後段OPA1622の組み合わせをメインにすることに決めました
理由はこれが1番楽しく聴けるのと、AK70との相性です。
AK70との相性は前段OPA1688・後段OPA1622でも良かったのですが、私はボーカルを重視していないのとホワイトノイズが多めなのが惜しかったですね。

オペアンプ交換でここまで楽しめるとは思っていませんでした。思いの外奥深いですね。
オペアンプ沼には今のところ嵌りそうな感じではありませんが、それもどうなるか分かりません…笑
とにかく、第1目標であったポップノイズの除去はうまくいってよかったです


それでは。

Trasam HA2 Proファーストインプレッション

今回はファーストインプレッションです。

内容物

IMG_7454
本体、ミニミニケーブル、USBケーブル、シリコンバンド、滑り止め、説明書、そしてTrasamの名刺(?)です。

外見レビュー
HA2 Proは金属筐体ですので高級感があります。かといって重いわけではなく、軽いです。薄さも12mmなので、持ち運びがしやすいポタアンと言えるでしょう。

では外見を見ていきましょう。

IMG_7476
正面です。
ドットが等間隔に刻まれたデザインが特徴的で、スタイリッシュな印象です。

IMG_7477
裏側です。
このポタアンは表も裏も同じ模様なので、好きな向きで重ねることができます。

IMG_7479
上部です。
入出力端子、ゲインスイッチ、ボリュームノブがあります。
ノブは重く、ボリュームガードもあるので勝手にボリュームが変わってしまう心配はありません。イヤホンジャック側にもガードがあるので太いプラグは挿せない可能性があります。

IMG_7481
下部です。
こちらには電源スイッチと充電用のUSB端子があります。
充電の状態はLEDで確認することができます。
 
AK70と組み合わせてみた
実はここにHA2を購入した最大の理由があります。

IMG_7482
AK70と組み合わせてみると、なんとサイズがピッタリではありませんか。

IMG_7483
薄さもほぼ同じで、握ってみても厚くなったAK70を持っているような感覚です。
サイズならMojoやALO Rx、CV5よりも遥かにこっちの方が良い組み合わせだと思います笑

音質ファーストインプレッション
HA2は販売サイトを見るにディスクリートアンプとのことですが、オペアンプ使用で基盤面積も少ないので、ディスクリートは嘘か一部なのだと思います…笑

前回書いた通り、最初からオペアンプを交換してもらっているので、私は元々の音を知りません。そこはご了承ください。
ちなみに元々のオペアンプは前段がOPA627AU、後段がOPA1688×2です。
そして私の小倉さんカスタムは前後段共にOPA1622となります。
視聴に使用したミニミニはVelaです。 

一聴して感じたのは低音と高音の音圧の向上。迫力が直挿しとは全然違います。
ボーカルは若干近くなり、生々しさが増しています。
解像度も高くなり、直挿しでは聴こえなかった音も聴こえ「えっ、ここってこんなに音が多かったの」と気付くこともありました。
言うまでもなくAK70と相性が良いです。小倉さんが選んでくれたOPA1622がいい感じなのでしょう。

出力があまりにも高いが故に、AK70でラインアウト出力だと音が大きすぎてボリュームノブが全然回せませんでした。ですのでAK70側のボリュームを70/150で運用しています。はっきり言って、この小さいポタアンからここまで大きな音が出るとは思いませんでした。

しかし弱点もあります。

1つはポップノイズが大きいこと。電源を入れたり切るときやゲインを切り替えるとき、そしてイヤホンを抜き挿しするときに「ブツッッ!!」とイヤホンが壊れるんじゃないかと思うほどの大きなノイズが流れます。耳にも悪いので、感度の高いイヤホンは諦めて直挿しにするなど対策が必要でしょうね…笑 
小倉さん曰くOPA1622は特にポップノイズが大きいとのことなので、オペアンプを違うものに交換すれば話は違うのかもしれません。

もう1つは電波干渉がかなりあること。これは筐体が全て金属だからだと思います。
スマホなど電波を出すものは大きく離す必要があります。

総評
10000円ちょっととは思えないクオリティで驚きました。
弱点は結構痛いですが、それでも満足するに値するポタアンだと思います。

今度は私が所持している3本のミニミニ比較をHA2とAK70を用いて行いたいと思います。
HA2の最終レビューはもっともっと聴き込んでから。


それでは。

Trasam HA2-Pro Extreme Versionがやってきました。

過ちは繰り返すーーー。

以前Aune B1を手放し、AK70をメインDAPにしてからというもの、ポタアンは買うまいと思っていたのですが…。

IMG_7459
やってしまいました。
高コスパ高音質で最近話題のTrasam HA2 Proを買いました。
Twitterでお世話になっている小倉 彬さんから譲って頂いたものになります。

なぜまたポタアンを買うようなことをしたかというと、ぶっちゃけAK70のパワーに不満があったからです。
というのも、BAイヤホンだと相性が良いのですが、D型イヤホンやヘッドホンだとパワーが足りないのか満足できない音だと感じたからです。
そこでポタアンを使ってパワー向上を図ろうかなと…笑 愚かだと思っても構いません。

ちなみにTrasam HA2シリーズ、オペアンプが交換できちゃいます。なので購入者は皆オペアンプを自由に交換して音の違いを楽しんでいるご様子。

実は小倉さんに「AK70に合いそうなオペアンプを選んでくれないか」と無茶振りな要求をしたのですが、小倉さんは快く引き受けてくれました。ありがとうございました。
というわけで私が譲って頂いたHA2はオペアンプ交換済みです。全てOPA1622に換装されています。

果たしてAK70とどのような反応を起こすのか…。楽しみです。
ファーストインプレッションもすぐに投稿する予定なので、そちらもよろしくお願いします。


それでは。
Twitter プロフィール
DAP:AK70 True Blue/Earphone:EARTECH MUSIC Dual, UE900S etc. 詳しくはツイフィールを見て下さい→https://t.co/m60JwKrvcN 『こばや〜んのオーディオブログ』更新中! 無言フォロー失礼します
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索