お久しぶりです。

部活やらなんやらあって、1か月以上も更新をサボることに…('д` ;)
おかげで書くものが溜まっておりますw
これからはもっと更新頻度を高めていきたいと思います…

今回はfinal E3000を使ってきた感想をね…
とは言ってもEN120の登場とかでオーディオ界隈ではすっかりE3000熱も終わったような…笑

とにかく、すっかり時間が経ってしまいましたがレビューをしたいと思います。
外見等は結構前に紹介しているので、そちらも是非。

使い勝手のいいイヤホン
このイヤホンのまず良いところは、5000円クラスではかなり質感が高いところです。
ケーブルもブヨブヨしたものではなく、とてもサラサラしています。
結構細いので、タッチノイズもあまり気になりません。

IMG_9503

プラグは細くスマホケースをしている人でも安心ですし、ちゃんとスライダーだってあります。
言うまでもなくハウジングのほうもステンレス製で上質。
高級感も兼ね備えていると思います。
耳にも入りやすいデザインなので、より多くの人が使えそうな感じですね。
価格が高いと外に持っていくのも億劫になると思うので、取り回しがしやすいイヤホンだと思います。

欠点はあるが満足できる音質
音はどうなのかというと、あまりよくないところも当然あります。
低音が多めなのでややこもり気味に感じてしまうし、他の手持ちと比べると解像度も劣っています。

低音が多くてこもると書きましたが、逆にそれがこのイヤホンの強みでもあります。
重低音、それも聴こえないような帯域まで鳴らすので、まるで空気が振動しているようなライブ感を感じることがあります。
ピアノのペダルを踏んだ時の響き、バスドラムの音圧など…
私がイヤホンでは聴けないと思っていたものがこのイヤホンで聴くことができました(そもそも全然いろいろなイヤホンを聴いたことがないので視界が狭すぎるだけかもしれませんが…w)。

濃厚な低中音に対して高音は比較的少なめですが、逆に聴き疲れのしにくくさ、聴きやすさにつながっています。
とにかくこのイヤホンだとずっと音楽を聴いていられます。

解像度のほうも手持ちと比べるとそこまで高くは感じないものの、この価格帯でしたらかなり高い方ですし、細かい部分まですべて拾えるほどの実力はあると思っています。

なんだかんだで手放せないイヤホン
あまりにも聴いた感じが心地いいんで、最近はこれとHEM1しか使ってませんwww
カスタムなんかはもう全然使ってないですね…(1か月半は耳に着けてないと思う)
まあカスタムはフィット感が微妙になったというのもありますが。

あれほど遮音性の鬼みたいな感じだったのに、今では電車等屋外でもバリバリ使っています。
壊れるまでは聴き倒すつもりです。

EN120もスッキリした音でいいですが、濃い音が好きな方はE3000の方がいいと思いますよ。