2016年10月

EARTECH MUSIC Dualの感想

IMG_6888
届いてから随分と経ってしまいましたが、ETM Dualのレビューをしたいと思います。

【造形・仕上がり】
物凄いフィット感。滑りにくい素材なのかスルッとすぐにフィットする訳ではありませんが、耳に馴染んでくると抜群のフィット感と遮音性が手に入ります。
しかし、シェルの高さがありすぎて、耳からかなり飛び出ます。多分製作者はこれで耳に入ると思っていたのでしょう。残念!私は耳も小さければ耳穴がとても浅いw
シェルの造形は良いのですが、フェイスプレートは削りと研磨が少し甘く、少し角ばっています。
そして1番の問題点なのが、シェルの内部にゴミ・汚れが多く残ったままフェイスプレートを閉じてしまっていることです。私の場合これが結構酷いです。他の所有者はそんな事は無さそうなのですが…。フェイスプレートをクリアカラーにしているので更に目立ってしまっています。

【音漏れ・遮音性】
音漏れ?ある訳無いです。
カスタムの遮音性はコンプライと同等かそれ以下という話を聞きますが、これは明らかにコンプライを超えています。殆ど外部からの音が入ってきません。

【音質】※標準ケーブルでの評価
スッキリサウンドです。ややドンシャリ傾向に感じます。
予想以上に低音が少なかったです。
いや、低音はそこそこ出てはいるのですが、重低音が無さすぎて、Klipsch X10よりも低音の量感が少なく感じました。
中音は上手く鳴らしています。ボーカルが主体の音楽を聴くと素晴らしいですね。
高音はよく出ます。ただ刺さりはしないので全く不快ではありません。伸びるとは思います。
2BAの良さを感じるカスタムです。UE5PROと構成が同じですもんね。

レビューは以上になります。折角リケーブルしたので、これからも長く愛でていきたいと思います。

それでは。

PW Audio No.5が届きました。

IMG_6885
やっとETM Dual用のリケーブルが買えました…。
前に寝ホンしてしまい標準ケーブルの2pinを曲げてしまったので早く買おうと思っていました。
それが今回の製品になります。

あれ?お前ずっとEffect AudioのAres II買うって言ってなかった?と思っている方々もいらっしゃるでしょうが、はい…

妥 協 し ま し た 。オイィ!

まぁ〜予算オーバーのNW-A35を買ってしまったのだから仕方無いです。
それに、こちらの方がAres IIより取り回しが良いかなぁと。ケーブルの太さは同じですが。
Ares IIのデザインはメッチャカッコいいんですがね…。あの分岐とプラグも物凄い好きなんですが、ケースに入れたりするのに不便かなぁと。
 
IMG_6886
ポーチが付属してきますね。ただ使わないかなぁ…笑

細かい所を見ていきましょう。

分岐部分です。
分岐は収縮チューブ、スライダーは木製です。
IMG_6890
 
プラグです。
収縮チューブで覆われているので確定は出来ないですが、オヤイデ製のプラグを使用していると思われます。
IMG_6891
 

次はETM Dual標準ケーブルとの太さ比べです。
No.5の方が明らかに太いですね笑
IMG_6893
 
ETM Dualに装着してみました。
ピンがコネクタに入るのにかなりの力と時間を要しました汗
物凄い豪華に見えますね〜。
IMG_6889
 
音質はまだ聴き込んでいないので詳しくはレビュー出来ませんが、パンチ力が上がったのが分かりました。中低音が良くなりました。高音も意外と出ます。

今回ので本当に金欠になってしまったので、もうIYHは当分控えることになりそうです笑

それでは。

NW-A35ファーストインプレッション

今回のファーストインプレッションでは、音よりは外見・触ってみた感じを重点的に評価していきたいと思います。

まずは外見から見ていきましょう。

正面です。
画面が綺麗です。
IMG_6872

次は右側面。
ここにはあらゆる操作キーが揃っています。これが非常に便利で、画面を見ずとも素早く操作することが出来ます。
IMG_6873

左側面。
こちらにはmicroSDカードスロットがあります。
NW-A10やNW-A20と違いカバーのグラグラ感はありません。
IMG_6874

下部です。
ストラップホールとWMポート、ヘッドホンジャックがあります。ヘッドホンジャックが安っぽくてやや残念。DP-X1程ではありませんが少し緩めです。
IMG_6875
 
最後に背面です。
ウォークマンのロゴと、NFCマークがあります。
IMG_6876
 
外装は多分プラスチックだと思います。安いので仕方が無いですね。

次は画面とUIを見ていきましょう。 
先程も書いたように、非常に画面が綺麗です(ピクセル数は800×480)。文字もジャギジャギ感は無く非常に良好です。アルバムアートもクッキリと表示します。

ホーム画面です。
メニューは表示/非表示が可能で、並べ替える事だって可能です(この写真は既に自分用にカスタム済み)。
ここから再生中の音楽に飛んだり出来ます。 
IMG_6877

アルバム一覧です。
アルバムアートが小さく表示出来るのが良いですね。これを重視する人もかなり多いのではないでしょうか。
IMG_6878
 
再生画面をいくつか。
IMG_6879
IMG_6881
やはり綺麗ですねぇ。
Shanling M5から乗り換えても全く違和感がありません、というかフォント含めこっちの方が良いです。

付属品紹介を忘れていました。
内容は本体、WMポートを保護するシリコン、ケーブル、説明書等の書類です。
IMG_6869

音質ですが、思ったよりも良い感じです。
私はウォークマンで聴くならイコライザをかけまくるので、レビュー出来るかと言われたらあまり…笑 
今度音質のレビューをするまでに自分の感想をまとめておきます。
実はウォークマンのイコライザがかかったハイファイとは言えないサウンドも結構好きだったり…w
皆さんが気にしているであろうホワイトノイズですが、静かな部屋で高感度のIEMだとほんの僅かに聴こえる感じです。それでも多くの中華DAPとかよりはかなり小さいです。M5よりも小さいです。ちなみにホワイトノイズの大きさは音量に比例します。

Aune B1と繋げてみました。
IMG_6870
直挿しと比べて、シャープさが若干失われて音が丸くなる感じですが、音場がグワーッと広がり、ゆったり系のサウンドになりました。音のレベルはかなり違いますがAK240みたいな感じです(個人の感想です)。
B1と合わせて使うのもアリですが、直挿しでも十分かなぁと。コンパクトだし。

FiiO X1 2ndよりもこっちの方が良いです(今のところ)。買ってよかった。

ファーストインプレッションは以上となります。
私の文章でNW-A30の事が少しでもお分かり頂けたなら幸いです。

明日は別の製品が届くかも…?
お楽しみに。

新しいDAPを購入 〜選ばれたのは、NW-A35でした〜

IMG_6867
迷いに迷った結果、NW-A35を購入しました。 
今日は学校が休みだったのでヨドバシ八王子に行ってきました。昼頃にはもう売り切れていると思っていたのですが、何故かまだ在庫があった為確保。

NW-S644→FiiO X1→AK Jr→Shanling M5→NW-A35と、ウォークマンに原点回帰した感じですね。ウォークマンは実に2年ぶりです。
こうして見ると短い期間でめっちゃ買い換えていますね。驚きです。

ファーストインプレッションとレビューはまた後ほど。

それでは。

NW-A30を聴いてきました。

町田ヨドバシではもう実機が置いてあったので試聴してみました。心配な要素である操作性も確かめる為に。

IMG_6860
なるほど、音質はA20から結構良くなった感じです。特に低音の質が上がりましたね。ホワイトノイズがかなり減った(それとも無くなった?)のが非常に好印象。

IMG_6861
Aune B1とも繋げてみました。少しの変化ですが、音が更にパワーアップした印象でした。

操作性ですが、まぁ思ったほど深刻ではないな、と思いました。
モッサリはしています。しかしそれは選曲する時だけで、設定画面等では普通にサクサクでした笑
元々AK Jrを使っていた私からすれば大した問題では無かったですね。SONYは数ヶ月もしたらアップデートしそうですし、選曲のモッサリ感も少しは良くなるでしょう。AK Jrのように1年以上更新せずに終わる、なんてことはあって欲しくないです。
また、今機種からようやく電源ボタンによる画面表示のON/OFFと、ヘッドホンジャックから抜いた時に再生停止するというある意味DAPとしては当たり前の機能が付きました。これでもう画面がOFFになるまで操作せずに待つことも、イヤホンを抜く前に再生停止ボタンを押すことも必要ありません。

あと画面の綺麗さに驚きました。アルバムアートが全て見える喜び。
また、曲名やアルバム名が長い場合、スーーーっと文字が滑らかに流れるところも良いなと思いました。スマホの音楽アプリとか、AKのアレです(伝われ)。中華DAP(特に独自OSの)等だとそれが無いので、あるとやはりいいなと感じます。

今、私は次のDAPを何にするか迷っています。
初めはFiiO X1 2ndを買って人柱になってやろうかと思っていましたが、X1 2ndとX1/X3 2nd/X5 2ndのOSは全くの別物のようで、再び1から開発をしている為諸々の問題が片付くのにはかなり時間が掛かるとの公式の発言で躊躇ってしまっています。
そこで浮かび上がってきたのがNW-A30という訳です。ただ少し予算オーバー…笑
Aune B1と繋げる事を想定しているので、問題は山積みだがラインアウト出力対応のX1 2ndか、予算オーバーでラインアウト出力は無いが操作性・利便性が高いA30か、非常に悩みます…。早くカスタム用のリケーブルもしたいと思っているので、低価格で買えるX1 2ndに傾きつつあったり…笑

かなり悩みますが、今日明日で考えて決定したいと思っています。

【おまけ】
ついでにONKYO DP-X1の後継機・DP-X1Aが既にあったので試聴。
IMG_6862
マイナーチェンジなのか、音の変化はあまり感じませんでした。
そしてお前…ヘッドホンジャックが緩くない…だと…?
とにかく、ジャック周りが改善していてよかったです。

Crystal Tipsを注文してみました。

IMG_6858
こどんぐり用のイヤーピースを探している時に、真っ先にコンプライが候補に上がった(付属のSpinFit等シリコンイヤーピースは自分の耳には合わない)のですが、やはりコンプライは相変わらず高価なので、折角なのでお試しにとイギリス発のフォームイヤーピース・Crystal Tipsを買うことにしてみました。

ポータブルオーディオ界隈では割と知られていると思うのですが、Crystal Tipsはコンプライと同じフォームタイプでありながら、それよりも高性能・長寿命を謳うイヤーピースとして結構前から話題でした。
この記事が書かれた時点での価格は10ポンド(約1270円)、日本への送料が3.30ポンド(約420円)となります。
支払い方法はPayPalかクレジットカードです。

コンプライシリーズより低価格で良いですね。ここ1年ほどでポンドがかなり安くなったのも購入動機の1つです
届いたら使用感をしっかりレビューしたいと思います。

Crystal Tipsの販売ページはこちらになります。

それでは。

秋のヘッドフォン祭に参加しました。

本日、私にとって2回目となるヘッドフォン祭に行ってきました。
IMG_6831
 今回は、私が聴いてきたものを掲載しようと思います。

・Flang V5
IMG_6833
 最初はこれです。
大きいながらも予想以上に軽く、操作もなかなか面白いと感じました。ただ癖があって私が使いこなせるようなDAPではありませんでした笑
音は解像度がそこそこ高く、低音の質が良いと感じました。
バスブースト機能もあり、低音を更に増やせるのが良かったです。
ラインアウト出力が無いのが残念でしたね。

・FiiO X1II(2nd generation)
IMG_6834
私が一番楽しみにしていた2つの製品の内の1つ。ちなみにもう1つはShanling M1だったのですが、間に合わなかったようで展示なしとのことでした。
随分と従来機種から進化させてきましたね。よりiP〇dに近づいた感じです。
しかし、タッチホイールによる操作性はまだまだといったところ。選びたい場所にカーソルを止めるのは非常に難しく、慣れが必要だと感じました。再生中だとカーソルの動きがもっさりするのも気になりました。
また、早送り・巻き戻しのレスポンスがDAP中最悪レベルで、早送り・巻き戻しをした後プツッとノイズが入るのが気になりました。
アートワークの表示も一部良くなかったり...。
音質は初代から上げてきた印象です。スッキリ系です。
IMG_6837
Aune B1と繋げてみました。なかなかいい組み合わせでした。
FiiOは開発がかなり早いので、今後改善されることを祈り買おうかなぁと思っております。

・JH Audio × Astell&Kern Michelle
IMG_6838
TriFiと同じ3ドライバーですが、こちらは低中高域に各1基という構成です(TriFi低2、高1)。
やんちゃなTriFiとは違い、聴きやすいバランスのいい音でした。
またJH Audioのイヤホンにしては筐体が小さいので、耳穴の小さい私でもちゃんと耳に入りました。
IMG_6848
 IMG_6847
Michelleが2人に当たる抽選会に参加したのですが、残念ながら外れてしまいました笑

【番外編】Effect Audio Ares II
IMG_6843
 Michelleの抽選会に参加する前に一旦中野を離脱し、秋葉原のeイヤホンに寄ってきました。
そのときにAres IIを聴いたのですが、これがなかなか良かったです。
低音が比較的大人しめのEARTECH MUSIC Dualがパワーアップし、低音が多いのはもちろん、音の伸びが増えました。
高級感があり目立つデザインなので、これを付けて外を歩けば注目されること間違いなしだと思います笑
個人的にはDAPの次に買いたい製品です。

私が今回聴いたものは以上になります。時間が無かったのであまり色々とは聴けていませんが、自分の目的は達成されたので良しとします。

それでは、また今度。 

秋のヘッドフォン祭に参加します。

春のヘッドフォン祭・ポタフェス東京に参加した私ですが、秋のヘッドフォン祭にも参加しようと思います。
私が寄りたいブースは14階にしか無いので、私の用事はすぐに終わると思います。

IMG_6796
 そこで私はAune B1とKINPIKAロジウムプラグVer.を持って行きます。どちらも比較的レアだと思うので、ある意味貴重な機会だと思います笑
試聴に興味がある方は私のTwitterまで連絡を下さい。

私が参加するのは1日目です。2日目は用事がある為参加出来ず、1日目も学校があるので14時過ぎからの参加になります。
また、出来るだけ早く帰りたいと思っているので、16時〜16時半までしか会場に居られないと思います。なので試聴希望者が多い場合全員に聴かせる事が出来ない場合がありますのでご了承下さい。
私は用事を終えた後ずっと13Fにいる予定なので、よろしくお願いします。

折角なのでShanling M5にKINPIKAを組み合わせてみました。

先日購入したKINPIKAですが、オーダーした時はM5は故障していなかったんですよね。
ですので元々はM5→KINPIKA→Aune B1という組み合わせにするつもりでした。
そこにカスタムが揃えば私の当分の理想の組み合わせが完成する段階に来ていただけに、M5の故障は本当に残念な事でした。

そこで、せめて完成した姿だけは見てみたいと思い、M5を再び箱から出して、組み合わせて写真を撮ることにしました。
IMG_6781
やはり綺麗ですね。
IMG_6786
IMG_6788
KINPIKAも黒いボディに非常に合います。

IMG_6790
M5は操作さえしなければ聴けるので、何曲か聴いてみました。
やはり音が良い...。最高の組み合わせです。
ただ普段使いにはちょっと状態が厳しいですね。おとなしく諦めて次のDAPを買うことにします。

それでは。



金色に輝くミニミニケーブル・KINPIKA

IMG_6768
今回紹介するのは、最近人気のKINPIKAというミニミニケーブルです
Twitterを利用されている方・このブログに来ている方々ならば既にご存知だと思いますが、このミニミニは市販品ではなく、KOHさん(@audio_no_susume)が制作した物となります。
前回直接お会いした時に注文し、今回も直接会って受け取りました。

IMG_6770
まずは外観を見ていきましょう。
ケーブルは金メッキが施されており、そこからKINPIKAという名前になったそうです。とても高級感があります。
またこのケーブルですが、針金の如く硬いので取り回しは悪いです。逆にフニャフニャせず固定されるという利点がありますね。

IMG_6769
プラグですが、折角なので1350円/個で売られていたロジウムメッキプラグで制作をお願いしました。という訳なので普通のKINPIKAとはプラグが大きく異なっています。
カーボンが非常に美しいです。カーボンプラグが大好きになってしまいました。
当然価格は変動しますが、自分好みのプラグで注文することが出来ます。気になる方は是非KOHさんに連絡してみるのも良いかもしれませんね。

IMG_6772
皆さんご存知の通り、現在DAPと呼べるものがありません。そこが本当に残念です…。
Aune B1はしばらくぼっちになります笑

IMG_6771
それでは音の感想に入りましょう。
Aune B1に付属しているミニミニを基準として比較します。
直接会ったということもあり、通常版のKINPIKAも聴かせていただいたので、それとも比較をしていきたいと思います。
DAPは無いのでiPhone 6s Plus→Aune B1付属のミニミニ又はKINPIKA(本製品)→Aune B1→EARTECH MUSIC Dualという視聴環境で聴きたいと思います。

【Aune B1付属】
低音が豊かです。高音は柔らかめです。
少し音がぼんやりとしていて解像度は低めのように感じます。

【KINPIKA通常版】
引き締まる低音、伸びる高音が特徴的です。
ボーカルも質が高いですね。
解像度が高く若干派手な音ですね。
3000円台のミニミニとしてはかなりレベルが高いです。

【KINPIKAロジウムメッキプラグVer.】
通常版に比べて低音が減りますが、高音の煌びやかさがかなり増しました。
ボーカルも聴いていて、更に気持ち良くなった印象です。
解像度もこちらの方が少し高く、全体的に高音寄りのサウンドです。

比較は以上になります。
Aune B1付属が最も低音が多く感じましたね。しかし好きな音なのは圧倒的にKINPIKAです。
ケーブルの素材によって音が変わるのは分かっていましたが、プラグを変えただけでも大きく変化が出て本当に驚くばかりです。 
iPhoneでもかなりの違いが出たのですから、ちゃんとLINE OUT出力出来るDAPだと違いはもっと大きいんでしょうね。

個人的には、とても良い買い物をしたと感じています。
KOHさん、本当にありがとうございました!
KINPIKAの説明及び申し込みページはこちらになります。

それでは。

やっぱり駄目みたいですね…

うーむ…。

やはり私のShanling M5は故障しているみたいです…。
私の持っているmicroSDカードは全て試しましたが、直らず。
挙げ句の果てにはメインで使っていた128GBのカードが完全にぶっ壊れました。

ちなみにM5ですが、「ボタン操作を多用しなければ」長く持ってくれるようです。
しかし、いつ音が途切れてクラッシュするのかに怯える毎日はストレスになり本末転倒なので、無理に使う必要は無いと判断しました。
 
IMG_6745
仕方無いので箱に収納。サヨナラ!(無慈悲) 

何より残念なのは、DAPが使えなくなったことで明日とある方から受け取るミニミニケーブルが試せないことです。Aune B1を持って家電量販店に突撃するしかないですね(置いてある何らかのDAPで試聴)。

私が使ってきたDAPの中で最も短い一生だったM5ですが、一応次のDAPを買う目処は立っています。
1番気になっているのは同じShanlingのM1です。早くも外での2段重ねに辟易してしまったので、単体で運用出来るコンパクトな奴が欲しいなと…。Bluetoothにも対応しているらしいので、iPhoneと繋げるのも便利そうですね。

取り敢えず申し上げますと、私のM5はたまたまおかしくなっただけで、別にShanling製品の質が悪いという訳ではないと思います。滅多にそのようなことは報告されていないようなので。
Twitterを見ているとShanlingのDAPについて懸念を示している方がちらほら見受けられたので、このような事を申し上げました。

失礼しました。とにかくM1が日本ではどのくらいの価格で販売されるのか、非常に楽しみです笑
ヘッドフォン祭でも展示されるかもなので、是非聴きたいですね。忙しいので会場には1時間くらいしか居られないと思いますが。

それでは、また!
Twitter プロフィール
DAP:AK70 True Blue/Earphone:EARTECH MUSIC Dual, UE900S etc. 詳しくはツイフィールを見て下さい→https://t.co/m60JwKrvcN 『こばや〜んのオーディオブログ』更新中! 無言フォロー失礼します
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索