TFZ SERIES 5Sレビュー

今回は5Sをしばらく使ってみて感じたことを書いていきます。

まずは外見から。
IMG_7049
IMG_7050
フェイスプレートは金属製でなかなかの高級感。ヘアライン加工がされていて非常に凝っています。真ん中の部分が音楽に合わせて振動するというギミックはありません笑(自分は買うまであると思ってた)

反対側です。
IMG_7051
紫色が綺麗ですね。中のドライバが見えます。よく見ると、ドライバが耳穴ではなくフェイスプレート側を向いているのが分かります。

IMG_7052
ケーブルは銀メッキ銅線で、見た目はPinnacle P1に似ていると思います。思っていたよりもとても細いです。癖は結構付きやすいです。プラグのデザインはあまり好きじゃない…。

装着してしばらくすると、耳が痛くなりました。そこで自分のカスタムと比べてみました。
IMG_7010
なるほど、これは確かに5Sのステムの傾きが自分の耳穴に合っていませんね。ですが、大体の人は痛みを感じることなく装着出来ると思うのでご安心ください。

それでは音質の感想に入りたいと思います。いつもと同じで評価が下手ですがご了承ください。
届いた直後は音がこもりまくりで失敗したかと思いましたが、エージングしていくうちにこもりが無くなっていきました。
低音が強く、私が所持しているイヤホンの中では1番強いです。重低音も結構出ます。ダンスミュージックやメタルなどを聴くと素晴らしいの一言。めちゃくちゃノレます。
中音はややこもります。
高音はあまり目立ちません。ですが消えゆく音の表現はダイナミック型なので上手いです。

【総評】
自分が期待していた通りの低音ホンで良かったです。解像度もそこそこあり、音場もやや広めです。はっきり言って、かなり好みでした。
遮音性は並でした。シリコンイヤーピースを装着しての電車での使用はあまり快適ではないですね(私は遮音性に関してはかなり厳しめなので他の人の評価はまた違ってくるかもしれません)。もちろんフォームチップで快適になります。
ただ惜しいのは自分の耳に合わず長時間の装着は出来ない事、ハウジングにバリが残っていたりと質がとても良いとは言えない事ですね。まぁそこはAliで〇〇〇円の中華ホンなので仕方がないですね。むしろ〇〇〇円でこの音なのですごいと思います。非常に満足です。

これでSERIES 5Sのレビューを終わります。
あとこの前届いたUE900Sですが、それについて少し良いことがあったので後日記事を投稿しますね。

それでは。

UE900Sがやって来ました。

どうも皆さん、お久しぶりです。結局この前の日曜日に結局Twitterを開いてしまった…。
AK70の新たなカラバやFiiO X5 3rdなどが現れ、低〜中価格DAPのラインナップがだんだん面白くなってきましたね。X5 3rdも次のDAP候補に入れたいところですが、私の用途からして買う可能性は低いですね〜音は良さそうなのですが。
もしかしたら今年最後の記事はこれかもしれません。が、TFZ SERIES 5Sのエージングが終わればそのレビューも今年中に投稿しますね

IMG_7033
今回やって来たのはUltimate EarsのUE900です。UE900Sではありません。ネットでUE900の画像を見たところ、これは実はUE900Sだったことが判明しました!
こちらはTwitterのフォロワーさんに譲っていただいたものになります。お忙しい中、発送ありがとうございました!
IMG_7032
ジャンク品とのことなので本体のみ…と最初は思っていたのですが、なんとEstron MusicとWestoneのハードケースも付けて下さいました。本当に感謝です。

そして気になる音は…あれ、左側の音量が右に比べて小さい…。
覚悟はしていました。なのでショックは全くありません。
問題は原因が何なのかです。ケーブルは問題無かったので、本体側に何かがありますね。BAドライバーの故障だったら悲しい…リモールドも厳しくなりますからね。個人的には単なる内部配線か、音導管フィルタの問題だと思いたいです。
取り敢えずドライバを乾燥させてみます。ハードケースに乾燥剤と共にUE900Sを入れてみました。1週間程放っておいて、どうなるのか確かめるつもりです。

それでは。

PW Audio No.5レビュー(標準ケーブルとの比較)

こんにちは。
イヤホンも増えてきて、使い分けが充実してきたと共にカスタムの出番が思いっきり減ってきています…。今は完全に外用(かつ晴れた日)のみです。
今回はカスタムと組み合わせているPW Audio No.5のレビューをしたいと思います。レビュー書くことを忘れていたとか言えない

外見の写真は届いた時に記事にしてあるので、そちらをご覧下さい。

標準ケーブルとの比較でレビューするとしましょう。音質だけでなく使い心地も比べます。カスタムのコネクタが2pinである関係で、カスタム標準ケーブルとの比較があまり出来ませんでした。
ではまずはNo.5から。

【No.5】
IMG_6992
パンチがあり、とても元気のある音色です。中低音が特に強調されますが、高音も大きく出てきます。ドンシャリ傾向だと思います。
ケーブルは太いですが、柔らかいためタッチノイズはあまり気になりません。イヤホンケーブルにしては重いです。

【標準ケーブル】
IMG_6993
No.5から付け替えた時、ピンがスルッと入って驚きました。また、抜くのも簡単でした。おそらく、No.5の2pinが少し太いためメス側の穴が広がったのでしょう。購入検討者は注意して下さい。
ケーブルはこちらの方が圧倒的に細いですが、少し硬いので取り回しはNo.5と同じくらいかと。しかし全ケーブルの中だとかなり取り回しが良いのに変わりはありません。
音ですが、No.5の後に聴いてしまうとやはり音像の甘さ、元気の無さが目立ちます。全帯域が篭ったように聴こえます。

あまり具体的には書けませんでしたが、比較は以上です。リケーブルに大きな音の変化はなかなか望めませんが、変化は0じゃないのでやってみる価値はあると思いますよ。

それでは。

SL-S270レビュー

どうもこんにちは。
お正月まで在庫が残っていればの話ですが、AK70 True Blueが買える可能性が出てきてワンチャンあるんじゃね?と思っているこばや〜んです。
高校最後の授業と定期テストも終わり、完全受験モードに入りました。にもかかわらずブログなんて書いてる私は大馬鹿ですね。この前の模試の結果を忘れたのか。

結局ブログは書くんですがね…今回は以前購入したSL-S270のレビューをしたいと思います。まずは外見からいきましょう。
 
IMG_6966
上から見た写真。貼ってあったシールは剥がしました。ここに主要な操作ボタンが揃っていますね。液晶画面が付いているのはかなり便利です。しかしバックライトが無いので周りが暗いと文字は見えないので注意です。画面の上部には窓もあるので中のCDが回転している様子が見れて面白いです。 
IMG_6987
蓋を開くとこんな感じ。大きく開きます。中央にはCDを楽に取り出すスイッチがあります。ピックアップレンズがプラスチックではなくガラスなのには驚きました。
 
IMG_6988
側面。左側には特に何も無いので右側を。音量ダイヤル、S-XBS(低音の効きを変えられる?)、ヘッドホンジャック、再生モード切り替え、ホールド、DSSP(音飛び防止機能)と多彩です。これほど切り替えられるとは驚きです。実際に手に取ってみるまで気付きませんでした(ヤフオクの写真からして正面のボタンが全てだと思ってた)。ヘッドホンジャックは結構奥まっています。
 
IMG_6989
後ろにはラインアウト出力、DC IN、謎の端子がありました。謎の端子が何なのかは素人なので分かりません。たぶん外付けの電池ボックスを接続する為のものでしょうね。

PCDPを今も使っている方々は結構な確率で分解・改造をされていて、改造はもちろん分解すら自分には満足に出来ないだろうと思っていたのですが、この機種は単純すぎる構造ゆえ分解だけなら私でも簡単に出来ました。ちなみに私が分解しようと思った理由は内部の清掃と基盤が見たかったからです(ぇ
IMG_6956IMG_6964
DAPでは滅多に見られない大きなコンデンサがたくさん積まれていますね。
IMG_6958
ひっくり返してみました。こちらは割と現代のプレーヤーに近い雰囲気があります。

IMG_6967
CDを入れて聴いてみました。
とても驚きました。かなり音が良いじゃないかと。スッキリしていて、解像度もそこそこあります。
ヘッドホン出力は9mA+9mAですが、イヤホンだと十分すぎる音量を得られます。ぶっちゃけ大きすぎるくらいです。
S-XBSをオンにすると低音過多になりますね。音がこもる訳ではありませんがあまり好きではありません。

PCDPがこれほどまでに良いものとは知りませんでした。20年前の製品なのでコンデンサの劣化が心配でしたが、普通に聴けたので安心しました。自分がPCDP沼にハマるとはまだ思ってはいませんが、ポタアンの件もあるのでまだ分かりませんw

それでは。

HCKからのプレゼント

みなさんこんにちは。
以前からWM1Aが欲しい欲しいと言っていましたが、コンパクトさと動作の速さでAK70が欲しくなってきてしまいました。True Blueが欲しいので買うまでに売り切れないことを祈るばかりです…。借金してでも買いたいくらいですが、もう既にとある件で借金しているのですぐには買えず…ホントタイミング悪すぎ…。

この前、Aliexpressで毎年11月11日行われている大規模セールで、HCKのプレゼントイベントがありました。今回届いたのはそれになります。
IMG_6981
IMG_6982
内容はイヤーピース2種類(中華フォームチップ、毛イヤピ)とケーブルクリップです。普通に買うと合計600円はすると思います。なお無料プレゼントといっても、Aliのシステム上0.1ドル(約10円)は払うことになります。
 
IMG_6983
中でも注目なのが毛イヤピと呼ばれるこれです。シリコンイヤーピースにフサフサの毛が生えているというかなり特殊なイヤーピースです。私が知る限りでは中国にしかないはずです。

IMG_6984
早速TFZ SERIES 5Sに装着。
つけてみてまず驚いたのが装着した時の違和感の無さです。柔らかい毛に覆われているおかげか、耳に入れても痛くありませんし、痒くもなりません。いい素材やこれは…。音も篭らずいい感じです。ただ既に5Sにはコンプライで運用しているので実際に使うことはしばらくは無さそうです。

今回のプレゼント企画はなかなか太っ腹だったと思います。ありがとうHCK。
実はもう1つ届く予定の物があるので楽しみです。それがいつ届くかは現時点では不明ですが…。 

それでは。
Twitter プロフィール
DAP:AK70 True Blue/Earphone:EARTECH MUSIC Dual, UE900S etc. 詳しくはツイフィールを見て下さい→https://t.co/m60JwKrvcN 『こばや〜んのオーディオブログ』更新中! 無言フォロー失礼します
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索