初めてのカスタムIEM

遂に…遂に届きました!私のカスタムIEM!

image
ドドン!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

メーカーはEARTECH MUSICです。日本ではほとんど馴染みは無いと思います。
EARTECHはアメリカの補聴器メーカーで、補聴器を製作する傍らアーティスト向けのカスタムIEMも作っています。
カスタムIEMのラインナップはDual (2BA), Triple (3BA), Quad (4BA)があります。
そして、今回私がオーダーしたものはDualとなります。

日本にはEARTECHの代理店は無いので当然個人輸入ということになりますが、実は私自身が個人輸入をした訳ではないんです。
4月にEARTECHを私に紹介して下さっただたろうさん(@goma_sio_san)に依頼させて頂きました。
今回は本当にありがとうございました!

ポタフェス東京にてオーダー&支払い。
そして以下が進捗の様子です。

7/17 オーダー

7/27 連絡
EARTECHが参加するSummer NAMM Show(アメリカで開催される楽器ショー)で多くの注文が入ったため数週間遅れるとのこと

8/31 カスタム完成・発送?

9/2 日本に到着?

9/7 受け取り

日数にして52日。長かった… ※カスタムにしては早い方です
納期の早さが魅力的だったのでオーダーしたのですが、予想外の出来事でそれなりに掛かってしまいました…笑
逆にその数週間の遅れが無ければかなり早いと思います。

さて、それでは開封と参りましょう。
付属品はペリカンケース、乾燥剤、クリーニングツール、クリップ、カード、そしてTシャツ(!)です。色々と付いてきますね。

image

image
デザインはシェルをElectric Blue, フェイスプレートをCrystal Clearにしました。
私は中身が見えるデザインが好きなのでこのような組み合わせとなりました。心配していたドライバの配置も問題無く、
美しく見えます(ドライバの配置にも拘るのかよ…)
仕上がりはですね…右耳はとても綺麗なのですが、左耳のシェルの中に細かいゴミが入ってたのはちょっと残念…。
ロゴを付けるオプションは無料なのにもかかわらず、印刷ではなく彫られていたのにはおおっとなりました。

image
2BAの割には結構高さのあるシェルですね。耳からはみ出ます。
これは自分の耳穴が小さいのが理由かもしれないです。

image
採用されているドライバは低域にKnowles CI, 高域にSonion 2389だと思われます。
※目視により低域にKnowles CI22955, 高域にSonion 2389を採用していることが確定しました(9/18追記)
ドライバに詳しい方、自作erはおっ!と思ったのではないでしょうか?そうです、このドライバ構成はあのUE5Proと同じです。
Dualを聴いた人達も音が5Proと似ていると言っていました

さて、早速装着…

…ん?全然フィットしない…
遮音性はそこそこあるけど音がスカスカだ…
私はかなり焦りました。
しかし、長時間付けていると、だんだん耳の方が馴染んできて、フィットしないという感じも無くなってきました。
まだ完璧とまではいきませんが、この調子ならリフィットに出したりコンプライを装着する必要は無さそうです。

ちなみに、私は閉口状態でインプレッションを採ってもらったのですが、緩いなどのフィット感の問題はありませんでした。カスタムを付けながら口を開けても痛くなるという事は全くありませんでした。
ですのでインプレッション採取時の口の状態は別にこだわる必要は無い、というのが今回の結果です(あくまで私個人の場合です)。

音はどんな感じかというと、低音がX10より多く、解像度が高いという以外はいい点を感じられません。音が篭りますし。
しかし、先達曰く長時間エージングすれば鳴らし始めよりかなり良くなると口を揃えて仰られたので、今後の変化が楽しみであります。

今回はここまでです!カスタムIEMとはどのような物なのか、だんだんと分かってきた気がしますw

ではでは!
image

18歳の誕生日を迎えました。

本日9月5日、私は遂に18歳となりました。

今まで出来なかった様々な事が出来るようになる分、負わねばならない責任も増えるでしょう。
しかし、私がここまで来れたのは非常に喜ばしい限りだと思っています。これも周りの皆さんのおかげです。

そして2日後の7日、とある大きな物を受け取り、それを誕生日プレゼントとしようかなと…笑

まだまだ未熟ではありますが、これからもよろしくお願い致します。

Aune B1(2016 Ver.)ファーストインプレッション

image
さて、今回はAune B1(2016 Ver.)のファーストインプレッションとなります!

まず、2016 Ver.とはなんぞや?と思うかもしれませんが、2016 Ver.は以前のB1を改良し、IEMに最適化したモデルのようです。Fiio E12とE12Aみたいなものだと私は認識しています。
音以外にも、ボリュームノブに以前のモデルには無かった白い点が2016 Ver.には追加されていたり、外見の違いもあるようです。

では、じっくりB1を見ていきましょう。
image
まず目に入るのはこのアンプの大きな特徴である2つの窓。好きかどうかは意見が分かれそうなデザインですが、8割は好きだと答えると思いますw
電源を入れると窓の中のLEDが光ります。真空管みたいな演出が良いですね!
中の基盤が見えるところにロマンを感じずにはいられません。
左右対称なので予想出来る方もいるしれませんが、このポタアンはLRの増幅部が独立しているデュアルモノ構成です

image
背面は合皮となっております。
DAPに傷は付きにくくなるんでしょうけれどもポタピタシートを貼りたい人にとっては邪魔ですね。フォロワーさん情報だとポタピタシートを貼っても簡単には取れないらしいです(むしろ合皮が剥がれそうな位強いと聞き戦慄)。変色が気になるところです。

image
次はサイド。バッテリー残量をライトが光った回数で知ることが出来ます。

image
こちら側はゲインとバイアス切り替えスイッチ、あと電源スイッチ。
バイアスを切り替え出来るポタアンってなかなか無いんじゃないですかね。
電源のオンオフがボリュームノブで行われずに電源スイッチが独立しているのも個人的には高ポイントです。

image
上部はボリュームノブとLINE IN端子、ヘッドホン出力端子があります。

image
下部には充電用のUSB端子があるのみです。

image
付属品はミニミニケーブル、microUSBケーブル、説明書、企業の名刺です。

早速M5と繋げて聴いてみましょう。結構サイズが合っていていいですね。
image
聴き始めてすぐに、音の綺麗さにハッとしました。解像度も上がり、音場も広くなりました。
しばらく聴いてM5単体に戻すと、解像度が高いと思っていたM5の音が篭って聴こえました。これには驚きです。
出力もかなり高く、ボリュームノブをほんのちょっぴり回しただけでX10を駆動するには十分すぎる音量を得ることが出来ました。
未試聴での購入でしたが、とても満足できるポタアンだと感じました。買ってよかった。


前回の最後で言っていたとんでもない事ですが、下の写真をご覧ください。
image
赤い線はシリコンバンドを装着する予定の場所です。
…はい、上のシリコンバンドがB1の窓に干渉してしまっています。
景観ブチ壊しという程ではありませんが、少し残念ですね。え、全然とんでもなくない?私にとっては意外と重要なんですよ!!

ファーストインプレッションは以上です。本レビューは何日か経って色々と分かってきたことを書こうと思っています。

それでは!

Aune B1が届きました。

中国からブツが届いたぜ~
image

ハイドン!
今回購入したのはAune B1(2016 Ver.)です!
これはディスクリートA級ポタアンとなります!

ん?

ポタアンを買った…?嵐でも来るのかな?

…えー、かなり前から私のTwitterをフォローしてくれている方々なら知っているとは思いますが、私はついこの間まで単体派でした。
DAPのみで十分、ポータビリティの為にはポタアンなぞ論外!というなかなかに過激な思想の持ち主だったのですが、その考えをいつの間に変えたようですね(他人事)。何故このようなことになったのかと言いますと、
・Shanling M5のホワイトノイズが気になった
現在メインで使用しているX10ではあまりノイズは目立ってはいませんでした。ですが、ポタフェス東京で色々イヤホンを試聴していた時、M5のホワイトノイズが多いということに気付いたのです。
これはマズイなと思ってノイズの無いポタアンを探すことになった訳です。
・値段が安い
これが多分1番の購入動機かと。
ディスクリート構成でA級アンプというスペックにもかかわらず、その価格なんと160ドル(ブラックの場合。HCKによる割引後の代金。レッドは168ドル)。素晴らしい。
・ポタアンというものがどんななのか気になった
あー、もうこれダメですね。単体こそ至高と言ってた奴が完全に沼にハマってますw
電気屋で適当なポタアンをM5に繋げて試聴してみたら割と良かったというのも興味を持った理由の1つです。

とまあ、購入動機は以上です。
Twitterからも情報を集め、遂にAliExpressでポチッと!ワクワクして到着を待っていました…が、
HCKから発送連絡が来て6日経ったのに発送されていない…
い か ん で し ょ
何があったというのか。
結局、購入から13日経ってようやく届いた次第です。長かった。これでも海外通販では早い方なんですよね…

中国からの輸入はこれで4回目ですが、今回でやっと時は金なりということを理解しました。早く届いて欲しいのなら早い業者に頼んで送料を払えということですね。

今回はここまでです。次回はファーストインプレッションとなります。もうしばらくお待ちください!
買う前は予想できなかったとんでもない事に気が付くことになるのですが、それはまた次回…w

ではでは。

【国内販売開始記念】Shanling M5を使ってみて

image

遂に8/18から国内でもShanling M2, M5, そしてポタアンのH1を取り扱いを開始しますね!(まあ実は1ヶ月ほど前からShanlingの代理店である伊藤屋国際さんがamazonで販売していたのですが…笑)
今回はShanlingの国内販売開始を記念する記事となります。

私がShanling M5を使い始めて約2ヶ月経ったので、ざっくり感想を述べていきたいと思います。
M5のレビュー自体は既に小鹿さんのブログで書かせていただいたので、まだ見ていない方、見たけど復習をしておきたいという方はコチラをどうぞ!

【良い点】
・画面が綺麗
ここがM5の一番好きなポイントです。アルバムアートを美しく表示させることができます。
・操作がシンプル
側面の電源ボタンと正面右上のダイヤル+ボタンのみで操作。シンプル過ぎて不便、ということもありません。
・発熱が少ない
長時間再生してもほんのり温かくなるだけで熱くなりません(充電中に音楽を再生すると熱くなります)。

【良くない点】
・ホワイトノイズ
まずこれを最初に挙げたい。Klipsch X10ですら僅かにノイズを拾います。高感度の多ドラBAイヤホンを聴くともうそれは凄いです…笑
・音楽を再生中、動作が若干遅くなる
出来るだけ早く改善して欲しいです。
・ボタンを押したときの音が安っぽい
ペコペコ鳴るので高級感はありませんね笑

…とまあ、こんなところでしょうか。
音には非常に満足しています。解像度高めのスッキリサウンドです。
同価格帯の中華DAPにFiiO X5 2nd, Cayin N5(X5とN5とM5…全部5だ笑)などがありますが、それらと比べてもレベルが1つ高いと感じました。M5のmicroSDスロット数は1つと劣る要素もありますが、それで構わないという人には非常にオススメですよ。

なかなか癖のあるDAP、M5。今回の国内での取り扱いをきっかけに是非検討してみてはいかが?
Twitter プロフィール
DAP:AK70 True Blue/Earphone:EARTECH MUSIC Dual, UE900S etc. 詳しくはツイフィールを見て下さい→https://t.co/m60JwKrvcN 『こばや〜んのオーディオブログ』更新中! 無言フォロー失礼します
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索