秋のヘッドフォン祭に参加します。

春のヘッドフォン祭・ポタフェス東京に参加した私ですが、秋のヘッドフォン祭にも参加しようと思います。
私が寄りたいブースは14階にしか無いので、私の用事はすぐに終わると思います。

IMG_6796
 そこで私はAune B1とKINPIKAロジウムプラグVer.を持って行きます。どちらも比較的レアだと思うので、ある意味貴重な機会だと思います笑
試聴に興味がある方は私のTwitterまで連絡を下さい。

私が参加するのは1日目です。2日目は用事がある為参加出来ず、1日目も学校があるので14時過ぎからの参加になります。
また、出来るだけ早く帰りたいと思っているので、16時〜16時半までしか会場に居られないと思います。なので試聴希望者が多い場合全員に聴かせる事が出来ない場合がありますのでご了承下さい。
私は用事を終えた後ずっと13Fにいる予定なので、よろしくお願いします。

折角なのでShanling M5にKINPIKAを組み合わせてみました。

先日購入したKINPIKAですが、オーダーした時はM5は故障していなかったんですよね。
ですので元々はM5→KINPIKA→Aune B1という組み合わせにするつもりでした。
そこにカスタムが揃えば私の当分の理想の組み合わせが完成する段階に来ていただけに、M5の故障は本当に残念な事でした。

そこで、せめて完成した姿だけは見てみたいと思い、M5を再び箱から出して、組み合わせて写真を撮ることにしました。
IMG_6781
やはり綺麗ですね。
IMG_6786
IMG_6788
KINPIKAも黒いボディに非常に合います。

IMG_6790
M5は操作さえしなければ聴けるので、何曲か聴いてみました。
やはり音が良い...。最高の組み合わせです。
ただ普段使いにはちょっと状態が厳しいですね。おとなしく諦めて次のDAPを買うことにします。

それでは。



金色に輝くミニミニケーブル・KINPIKA

IMG_6768
今回紹介するのは、最近人気のKINPIKAというミニミニケーブルです
Twitterを利用されている方・このブログに来ている方々ならば既にご存知だと思いますが、このミニミニは市販品ではなく、KOHさん(@audio_no_susume)が制作した物となります。
前回直接お会いした時に注文し、今回も直接会って受け取りました。

IMG_6770
まずは外観を見ていきましょう。
ケーブルは金メッキが施されており、そこからKINPIKAという名前になったそうです。とても高級感があります。
またこのケーブルですが、針金の如く硬いので取り回しは悪いです。逆にフニャフニャせず固定されるという利点がありますね。

IMG_6769
プラグですが、折角なので1350円/個で売られていたロジウムメッキプラグで制作をお願いしました。という訳なので普通のKINPIKAとはプラグが大きく異なっています。
カーボンが非常に美しいです。カーボンプラグが大好きになってしまいました。
当然価格は変動しますが、自分好みのプラグで注文することが出来ます。気になる方は是非KOHさんに連絡してみるのも良いかもしれませんね。

IMG_6772
皆さんご存知の通り、現在DAPと呼べるものがありません。そこが本当に残念です…。
Aune B1はしばらくぼっちになります笑

IMG_6771
それでは音の感想に入りましょう。
Aune B1に付属しているミニミニを基準として比較します。
直接会ったということもあり、通常版のKINPIKAも聴かせていただいたので、それとも比較をしていきたいと思います。
DAPは無いのでiPhone 6s Plus→Aune B1付属のミニミニ又はKINPIKA(本製品)→Aune B1→EARTECH MUSIC Dualという視聴環境で聴きたいと思います。

【Aune B1付属】
低音が豊かです。高音は柔らかめです。
少し音がぼんやりとしていて解像度は低めのように感じます。

【KINPIKA通常版】
引き締まる低音、伸びる高音が特徴的です。
ボーカルも質が高いですね。
解像度が高く若干派手な音ですね。
3000円台のミニミニとしてはかなりレベルが高いです。

【KINPIKAロジウムメッキプラグVer.】
通常版に比べて低音が減りますが、高音の煌びやかさがかなり増しました。
ボーカルも聴いていて、更に気持ち良くなった印象です。
解像度もこちらの方が少し高く、全体的に高音寄りのサウンドです。

比較は以上になります。
Aune B1付属が最も低音が多く感じましたね。しかし好きな音なのは圧倒的にKINPIKAです。
ケーブルの素材によって音が変わるのは分かっていましたが、プラグを変えただけでも大きく変化が出て本当に驚くばかりです。 
iPhoneでもかなりの違いが出たのですから、ちゃんとLINE OUT出力出来るDAPだと違いはもっと大きいんでしょうね。

個人的には、とても良い買い物をしたと感じています。
KOHさん、本当にありがとうございました!
KINPIKAの説明及び申し込みページはこちらになります。

それでは。

やっぱり駄目みたいですね…

うーむ…。

やはり私のShanling M5は故障しているみたいです…。
私の持っているmicroSDカードは全て試しましたが、直らず。
挙げ句の果てにはメインで使っていた128GBのカードが完全にぶっ壊れました。

ちなみにM5ですが、「ボタン操作を多用しなければ」長く持ってくれるようです。
しかし、いつ音が途切れてクラッシュするのかに怯える毎日はストレスになり本末転倒なので、無理に使う必要は無いと判断しました。
 
IMG_6745
仕方無いので箱に収納。サヨナラ!(無慈悲) 

何より残念なのは、DAPが使えなくなったことで明日とある方から受け取るミニミニケーブルが試せないことです。Aune B1を持って家電量販店に突撃するしかないですね(置いてある何らかのDAPで試聴)。

私が使ってきたDAPの中で最も短い一生だったM5ですが、一応次のDAPを買う目処は立っています。
1番気になっているのは同じShanlingのM1です。早くも外での2段重ねに辟易してしまったので、単体で運用出来るコンパクトな奴が欲しいなと…。Bluetoothにも対応しているらしいので、iPhoneと繋げるのも便利そうですね。

取り敢えず申し上げますと、私のM5はたまたまおかしくなっただけで、別にShanling製品の質が悪いという訳ではないと思います。滅多にそのようなことは報告されていないようなので。
Twitterを見ているとShanlingのDAPについて懸念を示している方がちらほら見受けられたので、このような事を申し上げました。

失礼しました。とにかくM1が日本ではどのくらいの価格で販売されるのか、非常に楽しみです笑
ヘッドフォン祭でも展示されるかもなので、是非聴きたいですね。忙しいので会場には1時間くらいしか居られないと思いますが。

それでは、また!

Shanling M5、壊れてなかった(?) ※壊れてました

IMG_6715
お騒がせしました…。

かなりの頻度で起こるようになったクラッシュ問題に辟易してきた頃、あることを思い出しました。

「クラッシュは音楽再生中の時"のみ"に起こる」

これはもしかして、と今更気付き、M5に挿さっているmicroSDカードを別の物に挿し替えると異常は見られませんでした。

はい。どうやらクラッシュの原因はmicroSD側にあるみたいですね

そこですぐにフォーマットし、挿し直してみると、クラッシュが発生しない………訳ではありませんでしたが、頻度が大幅に減りました!
現時点ではSDカードが壊れているのか、音源のファイルデータが破損しているのかは不明です。
《10/7追記》microSDの故障も原因でしたが、M5自体も壊れていました。

いつクラッシュが再発するかに気を取られて、初歩的な事に気が付きませんでした。これは痛いです。

そして、Shanlingからまたメールが。曰く、
「もしかしてexFATでフォーマットしてない?M5を使うならFAT32がいいよ!」
との事でした。
急いでFAT32でフォーマットしてSDカードをM5に挿し込むと、曲の読み込みがexFATの時よりも3〜4倍早くなりました。これには驚きです。
また、Shanlingが配布しているファームウェアのフォルダの中にFAT32フォーマッタが入っていました。気付かなかった…。

しかし、問題のクラッシュは減ったとはいえまだ無くなっていません。
早めにSDカードを買い直すか、音源のデータシートを地道に直す必要がありますね(やり方わからん)。

この前といい皆さんには見苦しい姿を見せてしまい、本当にすみませんでした。
そして、私にアドバイスを下さった皆さんに感謝します。

まだまだ不確定要素は多いですが(本体側が故障している可能性も0ではない)、これからも検証は続けていくので、よろしくお願いします。
《10/7追記》本体側が故障していました。 
Twitter プロフィール
DAP:AK70 True Blue/Earphone:EARTECH MUSIC Dual, UE900S etc. 詳しくはツイフィールを見て下さい→https://t.co/m60JwKrvcN 『こばや〜んのオーディオブログ』更新中! 無言フォロー失礼します
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索