HE-350の低音増加MODを試してみた

IMG_9514

以前来たばっかりのHE350ですが、気に入って家ではイヤホンそっちのけで聴いております。
そんな本機種に手軽にできる改造?があるとのことなので、早速試してみました。

低音を増加させるMODのようです。
誰か一般の人が発見したものかと思いきや、なんと公式(Massdrop)が推奨。
高音の刺さりが少し気になっていたので迷わずやりました笑

手順

IMG_9558

まずは外側の金属メッシュを固定している輪っかを取ります。
4カ所に爪があるので、うまく探して外していきます。
プラスチック製で脆いので力を入れる際は気を付けて。

IMG_9559

取れました。

IMG_9560

ひっくり返せばメッシュがポロっと落ちてきます。
しかしここで問題発生。

IMG_9561

布のメッシュにシワがありました。
外側からみると格好悪いので…

IMG_9562

思い切って取ってみました。
接着剤を使えば伸ばしてまた貼れるんでしょうが、シワは取れそうにないので付けるのはやめました。

IMG_9565

ドライバーが見えますね。
真ん中に貼られているシールを剥がします。

IMG_9566

剥がしました。
あとはヘッドホンを元通りにして完成!

MODの効果は…?
布メッシュを取っ払ってしまったので結構外見が変わってしまいましたが、中身が見えるのも思ったより良いですね。

IMG_9567

効果ですが、しっかりと感じられました。
低音の量感が増え、高音のキツさもやや軽減したと思います。

シールをまた貼れば元に戻せるので気軽にできるのがいいですね。
近いうちイヤーパッドとケーブルも良いやつに変えてみたいものです。


これで俺もHiFiMANFANMANだ! HE-350着弾

…読みにくいタイトルですが、遂に私もHiFiMANデビューしました!
ヤフオクで使用時間が数時間しかない美品を格安で手に入れることができました。

IMG_9510

HE-350はMassdropとのコラボ商品ということもあり、外箱もMassdrop仕様です。

IMG_9511

開けるといきなりヘッドホンが出てきます。
HiFiMANの上位機種だともっと箱が豪華だったりするのですが、HE-350は100ドルを切るエントリーモデルですので、結構簡素です。
ポーチとかはありません。
付属品はケーブル、標準プラグのみと本体に関係するものだけです。

IMG_9556

だいたい想像はついていましたが、ハウジングは非常に大きいですね。
筐体はプラスチック。
しかし安っぽさは案外感じません。

ヘッドバンドは上位機種と殆ど同じですね。
それとも同じでしょうか。

側圧はキツめです。
イヤーパッドは柔らかめですが、それでもメガネをかけながらだと一瞬で痛くなります。

一聴してみた感じだと、高音がかなり目立ちます。
やや刺さるような音質ですが、すぐに聴き疲れするようなキツさではないような感じでした。
低音が増えるMODがあるらしいので、試したいなぁ…
あとTwitterで面白そうなツイートを見つけたので、今度それを試したいと思っています。

2年前にオーテクのAD900Xを手放して以来のヘッドホンですが、なかなかいいですね。
殆ど新品のようなものだったので、自分でエージングできるのが非常に楽しみ。

IMG_9516
(いつの間に買ってたスピーカーと合わせた写真です。スピーカーの方も記事を書きたいですね)

E3000を2ヶ月使ってみて

お久しぶりです。

部活やらなんやらあって、1か月以上も更新をサボることに…('д` ;)
おかげで書くものが溜まっておりますw
これからはもっと更新頻度を高めていきたいと思います…

今回はfinal E3000を使ってきた感想をね…
とは言ってもEN120の登場とかでオーディオ界隈ではすっかりE3000熱も終わったような…笑

とにかく、すっかり時間が経ってしまいましたがレビューをしたいと思います。
外見等は結構前に紹介しているので、そちらも是非。

使い勝手のいいイヤホン
このイヤホンのまず良いところは、5000円クラスではかなり質感が高いところです。
ケーブルもブヨブヨしたものではなく、とてもサラサラしています。
結構細いので、タッチノイズもあまり気になりません。

IMG_9503

プラグは細くスマホケースをしている人でも安心ですし、ちゃんとスライダーだってあります。
言うまでもなくハウジングのほうもステンレス製で上質。
高級感も兼ね備えていると思います。
耳にも入りやすいデザインなので、より多くの人が使えそうな感じですね。
価格が高いと外に持っていくのも億劫になると思うので、取り回しがしやすいイヤホンだと思います。

欠点はあるが満足できる音質
音はどうなのかというと、あまりよくないところも当然あります。
低音が多めなのでややこもり気味に感じてしまうし、他の手持ちと比べると解像度も劣っています。

低音が多くてこもると書きましたが、逆にそれがこのイヤホンの強みでもあります。
重低音、それも聴こえないような帯域まで鳴らすので、まるで空気が振動しているようなライブ感を感じることがあります。
ピアノのペダルを踏んだ時の響き、バスドラムの音圧など…
私がイヤホンでは聴けないと思っていたものがこのイヤホンで聴くことができました(そもそも全然いろいろなイヤホンを聴いたことがないので視界が狭すぎるだけかもしれませんが…w)。

濃厚な低中音に対して高音は比較的少なめですが、逆に聴き疲れのしにくくさ、聴きやすさにつながっています。
とにかくこのイヤホンだとずっと音楽を聴いていられます。

解像度のほうも手持ちと比べるとそこまで高くは感じないものの、この価格帯でしたらかなり高い方ですし、細かい部分まですべて拾えるほどの実力はあると思っています。

なんだかんだで手放せないイヤホン
あまりにも聴いた感じが心地いいんで、最近はこれとHEM1しか使ってませんwww
カスタムなんかはもう全然使ってないですね…(1か月半は耳に着けてないと思う)
まあカスタムはフィット感が微妙になったというのもありますが。

あれほど遮音性の鬼みたいな感じだったのに、今では電車等屋外でもバリバリ使っています。
壊れるまでは聴き倒すつもりです。

EN120もスッキリした音でいいですが、濃い音が好きな方はE3000の方がいいと思いますよ。

Shanling M2sをいろいろ撮ってみた ~外見・UI編~

久しぶりの投稿です。

今回はShanling 2sの外見などを写真と共に見ていただければと思います。

低価格DAPらしからぬ質感
以前のShanlingのDAPは音は良くても質感がイマイチ…という箇所がいくつかありました。
M1から両面ガラス張りになったので少しは良くなったのですが、側面のアルミ部分があと一息な感じでした(個人的見解)。

しかしM2sからアルミ部分の加工精度がグンと上がった気がします。
角ばっていた従来機とは違い、丸みを帯びたフォルムです。
それもさながらiPh〇neのようです笑

IMG_8664
前面です。
ガラスで覆われていて綺麗です。

IMG_8665
背面もガラスで覆われていて、ガラスの下の青色が鮮やかに映ります。

IMG_8666
左サイドには曲送り/早送り、再生/停止、曲戻し/巻き戻しのボタンとmicroSDカードスロットがあります。

IMG_8669
右側にはShanlingのDAPの大きな特徴であり共通点でもあるダイアルがまず目に入ります。
その下には戻るボタンもあります。
ちなみにダイアルの回転はボリューム調節の他に選択も兼ねています。
またM1同様、ダイアルを押し込むことによって決定するという役割もあります。

IMG_8672
上部には電源ボタンがあります。

IMG_8670
下部にはUSB Type-C端子と3.5mmイヤホンジャックがあります。
M1からType-Cになったんですよね。最近はAKやCayinのDAPもそうですし、これからはDAPも端子が変わっていくんでしょうね。

IMG_8679
今のメイン機であるAK70と並べてみました。
高品質なパーツを内蔵しているにもかかわらず、結構コンパクトなのが分かりますね。

IMG_8680
(青はやはりいい…)

ちなみにAK70と単体だけで比べますとM2sの方が厚いです。

使いやすいUI
Shanlingでは初代M2からM5、M1、M2sとほぼ共通のUIを採用してきました。
少ないボタンで操作できるよう最適な設計がされていますが、当然M2sにもそれが活きています。
またM2sはM5と同じ画面サイズ、解像度なので非常に綺麗です。
AKと並べても発色等レベルがたかいです。
高解像度なのは中華DAPでも珍しいと思います。

IMG_9004
まずスリープ状態から電源ボタンを押すとこのような表示が出ます。
これはM1から増えた機能で、現在の時間とバッテリー残量、再生中の曲を知ることができます。
もう一度電源ボタンを押すことで操作できる画面に飛ぶことができるのですが、余分に電源ボタンを押さなければならないので私はこの機能は嫌いです(オイ
この画面が出ている状態で戻るボタンを押せば即座にスリープ状態に戻ります。
押さなくても数秒でスリープに戻りますので、まるでスマホみたいです。

IMG_9006
これがホーム画面です。
よくある中華DAPと同じくメニューが並んでいますが、Shanlingでは再生中の曲のアートワークも表示されるのでカッコいいです。

IMG_9010
再生中の画面です。
縦長画面なのでアートワークをフルサイズで見れます。
高解像度なのもあって綺麗に映るのもいい感じ。
ダイアルを長押しすると再生メニューを選ぶことができます。

IMG_9009
IMG_9008
設定項目も豊富です。
個人的にはスリープから立ち上げたときのアレを無くせるようにしてほしかったところ。


片手で完結する操作性はとてもよくできていると思います。
しかし使いこなすには若干の慣れが必要ですね。
タッチパネル操作ではないのでそこは仕方ないと思います。
しかし、タッチパネルでないといった理由で敬遠してる方にこそ体験してほしいUIです。
慣れればボタン操作なんてなんとも感じなくなります。
試しに量販店等で触ってみることをおすすめします。

M2sは音も良いのでおすすめです。
音質についてはまた今度書きたいと思います。


それでは。


遂に据え置き進出か?TUBE 01J LIMITED

低価格高品質のデジアンなどを売っているNFJさんが、以前あっという間に売り切れてしまったTUBE 01J LIMITEDを再入荷したというニュースを聞き、ちょうどお金もあったので販売ページに張り付き…

販売開始後光の速さでゲットしました。

いやー本当に危なかったです。
数分後には売り切れてましたもん。
特にこの限定仕様版はもう増産はしないようで、かなり貴重な存在といえます。

というわけで、

IMG_8908

届きました!

箱を開けると中には本体、真空管、そして説明書という極めてシンプルな内容物が入っていました。

IMG_8910

流石、なかなかの質感の高さです。

IMG_8911

真空管を装着してみました。カッコいいですね。

…しかしいざ聴こう、と思ってもそれはできなかったり。
というのも、実はDAC・パワーアンプはおろか、01Jを駆動するための電源すら持っていません(オイイ!
電源が別売りなのは当然知っていたのですが、予算オーバーしちゃって…。
まあ結局DACとパワーアンプを買わないといけないのですが。

でもDACはDAPで、パワーアンプとスピーカーは今使っている安コンポで代用できそうですね。

ただやはり音を聴けるのが遠い先なのは確かです笑


それでは。
Twitter プロフィール
DAP:AK70 True Blue/Earphone:EARTECH MUSIC Dual, UE900S etc. 詳しくはツイフィールを見て下さい→https://t.co/m60JwKrvcN 『こばや〜んのオーディオブログ』更新中! 無言フォロー失礼します
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索